"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産申請中←今ココ)

アンガーセラピー

自分の言動や行動に責任を持てない人

いっときの

怒りをぶつけてくる人の

言動や行動の裏側には、

その人の心の内側に抱えている不安とか

怒りとか不満の臭いがプンプンする。



怒りをぶつけた相手からのネグレクトに

恐ろしいまでに執着する。



相手が自分を観てくれるまで

怒りや不満を徹底的にぶつける。

相手が自分の方を向いてくれるまで

どんな手段を使ってでも

その為の労力と時間を惜しまない。



心の底から人の幸せを喜べない人だ。

自分の心の中が満たされていない事を

自分自身で気づいている人だから。


自分がまさか周囲から痛々しいと

思われているだなんてコレポッチも

想像出来ない程に脳がフル稼働していない。


自分の言動、行動に

いつも後付けでいいわけし続けて

どうにかこうにかやっとの想いで

息をしてる。



これがどんなに生きづらい事なのか?

本人しかわからない事だ。

立ち止まって観てくれる人もいれば

観なかった事にして

立ち去る人もいるわけで。


日本にはまだまだ認知がすくないけれど

「アンガーセラピー」を受けてみると

自分が何に対して不安なのか

何について怒りを覚えるのか、

どうしたいのか、

何を求めているか、

自らを観る事は、とてもとても

エネルギーの必要な事だから

これに本気で向き合える人は

中々いないと思う。



人は、動物よりも弱い。

逃げては駄目とか、すぐに謝ってはいけないとか

ポジティブでなくてはいけないとか

謙虚でなくては、などなど

あげればきりが無い程、

人間社会にはルールがある。



野生動物は、生きる(食べる)だけで必死だ。

野生動物にも

人間に飼われている動物にも感情がある。

その中で、

怒り、不安、という感情があるのは、

人間社会で生きている動物。


野生動物には?




どんな事にも見返りを求めて、

人としての弱さを履き違えて

自分の人生を投げてしまったり、

目の前の事しか考えられないような

そんな自分自身を削除してリセットするという

ぬるい考えに今はよりかかってる。


3分後なのか明日なのかはわからないけれど

リセットボタンを押して良かったと

思える自分自身でありたい。



井の中の蛙で生き続ける事は

幸せだったか不幸だったかすらわからないのだから。

いいわけの多い人

すでに始まっている2018年を2017年と同じにするわけにはいかない


私から観て「どうでもいい人」は、

相手も私を「どうでもいい人」だと思っているのだ。


関わっても意味の無い人とか

意味の無い時間とか

そういうのは無くて、

どの事にも意味があると信じてきた。



確かに。

どの事にもどの経験にも

「意味」はあったのだと思う。


そして、

思い知った事を一言でまとめるとしたら、


「全ての意味を考えるな」だった。




自身の直感的に本能的に?動物的に

生きてる事に意味など考える事よりも

他人の発言に行動にいちいち深読みをする時間があれば

自身の時間を大事に丁寧に使おうと。




「?」が浮かぶ事はとても大事だと思うけれど

「?」があまりに多い人とは距離をおこう。

何なら、一切の関わりを経つ事にした。


遠目でただ人のアラ探しを出来る時間の余裕のある人間。


時間が私にあるなら「行動」に使おうと思う。


それは時に自分の為なのかもしれないし、

助けたいと思える他人なのかもしれない。


そんなまだ観えない事を計画する事はやめよう!!



「夢」を持ち続ける事と、

日々の「行動」をうっかり見失ってしまいそうだった。



まっすぐなのか、曲がりくねってるのか、

螺旋階段なのか、

坂を上がり続けるのか 

坂を転がり下がるのか、

道は、観えたその時に選べばいいんだ。



自分解決できもしない、

目標も無いのに他人解決出来るわけはなくて

出発もしていないのに、

到着するわけもないわけで。



これからも、

立ち止まる事や冷静になる事、反省はいっぱいしよう。

ただ、後悔も反省も含めて

引きずる時間は自分だけで

イムリミットを決めてみようと思う。


「他力本願」な他人の人生を

観るのはやめる。



他力本願の人が私へ送るパワーは

私の貴重なエネルギーを全て吸い取っていってしまうだけだから。




誰かを助ける事、声をかける事、

おせっかいをやくこと。

それを面倒くさいと思った事は無い。

きっとこれからだって同じ。

嫌われても好かれても私は変わらない。


ただ方法を変えようと思える1年に去年はなった事を

これからの人生のヒントにしたい。



私から観てイライラする原因ピンポイントの人には

近づかなければイライラもしないし、

観たり話をしなければ遠い遠い人なだけで終わり。



職場だろうと、どこであろうと

自分の人生に言い訳とか怒りとか悲しみ

増やすことない。


生きていて

24時間365日を笑顔で過ごす事は

限りなく難しいだろうから

その限られた時間で、

自身の向く手足耳を言い訳にするのはやめる。


ドロドロしたものは、

天津飯と八宝菜くらいで良いでしょ。

うん。



言い訳と愚痴と不満と怒りだらけで

他人を攻めるばかりで自分を大事に

出来ない人は、痛々しい。



寝ても覚めてもお金の事ばかり考えている人と

一緒に1秒すら過ごしたくない。


気味悪いだけだ。

君が心に棲みついた

「君が心に棲みついた」

原作は漫画だけれど、ドラマになった作品。


悔しい。

私が大学の頃に出逢った元夫

思い出して苦しくなって、涙が止まらなくなった。



「君はそのままで、ありのままでいいんだよ」


「君は俺からは離れられない」


「俺は君から離れたりしないよ」



「結局、お前は何も変わっていないしこれからも変わらないんだ」



ドラマの中で

一字一句が同じかどうかはわからないけれど、


私の頭の中で、今もこの言葉がずっと消えてなくならない。



最初は優しい顔をして


うん、そうだったね。


「呪縛から逃れられない」


気づいていたけれど、忘れてしまった遠い遠い過去の事だと

自分にいつも言い聞かせて生きてる自分と

重なってしまった。




自分から逃げる事が出来ないで苦しいだけ。

子供の頃からの自分。

過去の自分。

おせっかいになれ!

www.yahoo.com

ショック。

2−29歳の子供を自宅に監禁していた両親が逮捕されたニュース。

17歳の子供が逃げ出して警察に兄弟達が監禁されていると通報した事で明るみになった。


49歳の母親と57歳の父親の両親が・・・・・



近所の人達のインタビューを聴いていて思うことは、

子供達だけでの姿を観ない、痩せていたなどの事を知っていたにも関わらず

これまで誰一人も、通報していないという事。


家族内の事だという理由を言ってる人が多かったけれど、

子供だけで留守番をさせたら逮捕される程、子供が守られても当然の国だという事が

神話になってしまったのか??


日本と違って、社会全体が子供を守る国の代表であってほしかったな。



それ程、「人」が「人」に無関心になってしまったという事。


悲しいね。


唯一、日本と違うところは、

この両親は刑務所へ入る事と、二度と子供達と暮らす事は無いであろうという事。

刑務所を出る事は無いであろうという事。



この多くの子供達は、心に傷を持ったまま、これからの人生を生きていかなくてはいけない。


DVの傷は、簡単に癒えない。


今、こうして私が文章を書いているこの瞬間にも

日本にも親の勝手な思いや感情で辛い思いをしている子供がいるのだという事に

私は何か出来ないのか??


私は、管轄の警察にうざがられる程、何か小さな事でも

子供は勿論、ほおっていけない、私では力が及ばないという事はすぐに通報してしまう。


おせっかいだと思われて結構。

何も無ければ、それでいいのだから。


自分の住む家の近所で、「?」が少しでも思い浮かんだら、

道で偶然見かけた暴力であっても、匿名で構わない。

どうか通報してあげてほしい。


警察に通報した時に、通報したのが自分だとわかったら面倒くさいと思う人は、多いかもしれない。

その時は、警察に「家には来ないで」と一言だけ言えば警察は配慮してくれます。


もしかしたら?子供がいつも泣いている声が聴こえる。

子供を見かけたが、小さい。

幼稚園、学校へ通っている様子に観えないなど、何でも「?」と思ったら

通報してあげてほしい。

電話代がもったいない??

時間がもったいない??

他人の家庭に首を突っ込みたくない??



自分が出来る事があって、誰かが救われるなら

電話代を出して時間を割いた意味があるとどうか思ってくれる人が

一人でも増えますように。



アメリカのように隣家との距離が離れていない日本の家事情。

上、下、隣、向かい、いつも通る家の前、どこでもかまわない。

音でも、気になったら警察に電話をして

「相談したい事があります、生活安全課をお願いします」と言えば

24H電話は繋がる。


顔に傷が無くても、DVは、家の外から観えない。

おせっかい上等だと思って皆声を出して!!

フジTV新ドラマ

biz-journal.jp

この記事を書いた人が誰なのかはわからない。

ただBJの編集者としか。

そしてその人がこれを読む事は皆無に近いのだけれど、

どうしても私見を書いておこうと思ったのだけれど

「B!」をしたくなかったので

今、ここを開いてる。



ここ数年でフジテレビの不祥事(というのか?)が多く見られた事は確か。

「ヤラセ」も含めて。


スポンサーが少なくなってきている事も確か。

ネットの時代に入ってTV局がどれ程のダメージがあるのか?

業界に関係の無い人であっても想像は出来るかもしれない。



私が今日は仕事が休みだったので、

先日の火曜に放送が始まった新しいドラマの

録画を観てみた。


カンテレ・フジテレビ系火9ドラマ「FINAL CUT」

亀梨和也さん初め、他の役者さん達は演者とは言え、

限りなくリアルに近いもので脚本して

あげてほしいと個人的には思った。



そもそもなんだけれど、

FINAL CUTと全く無関係な人がこのドラマを観て

ドラマの中にこの「単語」が出てくる事と内容を一致させる事に

第一話を展開させる段階で出来ていたら、

最も大事な第一話で、もっと数字は取れたと思う。


カンテレ制作という事もあるけれど、

フジテレビのカラーが出ていたとも取れた。

「?」で始まるドラマにしたかったのだろうか?


ただ、どの世代からも観てもらう事なのか、

ある一定の世代と

観てもらいたいいうターゲットを定めて制作しているのか?


だとしたら、このフジテレビの危機感の無さに

痛さを感じる。




バブル世代と言われる

フジテレビの全盛期だった頃からずっと仕事をしている人達は

まさに、このドラマの内容とリンクするところがあると感じた。




フジTVが数字を取れていた頃は、めちゃくちゃ努力を

していた人達がいたはずだ。



それがいつのまにか、

「あぐら」をかいてきた事の結果が「今」に繋がったと心の中で

思っていた。



フジがあぐらをかいている間に、

他局は、この30年必死で努力しただろう。


でも、

もはや民法TV局の裏側に、ヤラセが無いほうが不思議だと思ってる。


編集をする側も、生き残らなくてはいけないわけで。



ドラマの内容とは言え、

マスコミや報道、TVの世界に訴えかける為に

ドラマを「制作」しているスタッフがいるわけで

作り手は葛藤している事が垣間見えた。



「TV局アルアル」で最終話を迎えたいのか、

一般のTVの裏側を全くわからない人達に

何かを訴えたいのか、

実際ではなく「夢」とオブラートに包みつつ

このドラマを制作して残したいのか。


報道を含め、1つの番組を作る側は、

このドラマを観たいとは思わないだろう。


なぜなら、

「ドラマ」だから。


ただ、

最近、どこの民法も事実やリアルな声を

キャスターやゲストが出さない保守的な

放送が多い中、

フジTVは、いくつかの番組で

ゲストコメントをする人や

司会者、キャスターなどが

明らかに他の局で報道していない事を

放送している時が時々ある。



スポンサーが減ってしまっては、

成り立たないTV局側としては、

究極な選択肢を迫られるとは思うけれど、

「視聴者」は何を求めているのか?と言うと

「リアル」だ。


オブラートに包んだ情報などいらない。


年々、

放送の際の発言枠、言葉、内容、の

制限が厳しくなってきていて、

面白くないTVをTV局側が作ってしまったという

悲しい悪循環と現実に視聴者として観ると、

切なくなる。



作っているスタッフの1人としては

「違う」と心では思っていても、

流れに逆らえば、自分の生活は守られない。



今から30年前に、

ネットTVなど想像出来ただろうか?!


そして、今から30年後のTV業界、

ネット業界を想像をする事は出来ても

今はまだ誰もが観る事の出来ない場所だ。


広告業界も30年先を観る余裕などあるだろうか?


熱い人がどんどん減ってくる今の社会。

出来るだけ目立たない。

面倒な事にクビを突っ込まない。

おせっかいをやかない。

どんな場所だろうと

何歳だろうと、

保守だけが自分を守れると信じている。



誰もが自分が可愛いだろう。

自分を投げ打ってでも社会を面白くしようと

腹の底から笑える場所を作ろうとする事を

この30年の間に、避けてしまう人が

減ってしまったには、

この日本の社会を100%表現しているとしか

私には観えない。


TV業界、広告業界に限った事では無いんだよね。

悲しい事に。

日本国内にも今でも実在してる!

headlines.yahoo.co.jp

チャウパディとは

チャウパディとは、ヒンドゥー教に基づき、生理中の女性や出産後の女性を「不浄」とみなして隔離・監禁する慣習。


私が結婚していた(離婚済)相手の婚家が、まさにコレだった!!

日本人で、神道(神社)を信じる家族達だった。

いまだに私は神社の教えが嫌いだし、詳しく知りたいとも思わない。


家を建てた時にする「地鎮祭」の時に、私は出産後だった上に生理中だった。

姑、舅から、地鎮祭の間、土地に入るなと言われて待っていた事を思い出す。



えぇ、えぇ、私は生まれて始めてしった風習でしたとも!!!(怒)




私が嫁いだ家には、

神棚があり何かにつけ、この「神棚」神様

家族にトラブルを起こしてくれました!



その後、神社アレルギーになった事は書くまでも言うまでも無い程の意味不明な

嫁ぎ先だった。



「生理中の女性は汚い」なんて、どこの国の風習かと当時は思った。

でも、その後日本の神社の数々では、

いまだに、この女性の「生理」についての認識?意味?風習?が根深いらしい。




私は、数年に1度くらいなら神社を観光出来るようにはなった。

ただ、神社の神様に助けられようとも思わないし、

豊作も願わないし、

誰かの為に神頼みをする場所だとも思えない。



私は今でも生理を巻き起こしてしまいますのでねっ!!(怒)


神社に仕える宮司さんが、神社のお金を使い込んでクビになり

姉が神社の宮司になったけれど、数年後に実の弟に日本刀で

刺されて亡くなった人も最近いましたよね?!


「神社」や「寺」は、日本では1度は訪れているとは思うけれど

神社の宮司さんの下半身のだらしなさや、

セクハラ、パワハラはそれまでからもよく耳にしていた。


絶対にあの世界にだけは足を踏み入れたくない!!!

女性蔑視は、何も神社だけの話では無いけれど

女性の「生理」を汚らわしいという考えかたのある

神道」にだけは、


えぇ!!えぇ!!えぇ!!

絶対に関わりたくは無いものです!!