"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産申請中←今ココ)

さようなら。

時間かかってしまったけれど、決断した事があるので健忘録に残しておく。

読んでいて自分自身にストレスがうまれる文章は例え、有名ブロガーであっても

物凄く多くの読者さんがいる人であっても、私は読まない事にした。


少しずつ整理をしてきたら、随分とブログのストレスが減ってきている事に気づいた。



これまで、色々な人のブログを読んできたけれど

読めば読むほど、頭の中で「?」になったり、

「この人なに???」

「いゃ、いゃ・・・・この人、大丈夫?!」

「いかにも最もらしく書いている文章だけれど、明らかに根拠の無い適当な内容」

読み終わってから、

ウダウダと考えなくてはいけない、とか。

思わず意見を書きたくなるブログなど。



読む時間(私の時間)が無駄になってしまうと決断したら

す〜っと気が楽になれた。

私の頭の中や文章、日常についても

「大丈夫?この人」と思われているかもしれない。


そういう人には、時間をどうか無駄にしてもらいたくは無いので

「私の書く文章は読まなくていいのですよ、本当に申し訳ないです」

と伝えたい。



私の文章は、

自分の頭の中の整理をしたい事が1番。


誰かの為になるような文章では無いので、ブログでお金を得る事は考えない。



勿論、言うまでも無いけれど私にはお金を得られるような文章は書けない。


理想は大好きな文章を書いて日々の生活が出来るようになる事だけれど、

それは「理想」と「夢」だ。


私の「現実」は、ずっとパソコンで文章を書いていられる程の力は無い。



ブログが義務化している人が何故か多く、

書く内容に困っていたり、考え中という人が多い。


読む人を意識して書いているわけで、それは必然的なのかもしれない。


ただ、私は文章を書く事が義務的になりたくない。

自信の純粋な気持ちを正直な日常を書き残しておこうと思っているだけだ。


誰に対しても無責任なのかもしれない。

日常生活では誰にも言えないからって、こういう場所に自分の頭の中を書いているのだから。


ここを読んで下さっている皆様、ごめんなさい。


ブログは、何のしがらみも必要ないと思ってる。

気を使ってまで、読まなくてはいけないというルールは無い。


自分の興味のある事、知りたい事、共感出来る事、幸せな気持ちになれる事、プラスになるような事、

そういう居場所でありたいと思う。


自分の気持ちを素直に開放して、生きる。

単純にそれで良いと思う。

「楽びん!」って?

f:id:ecoplace:20171118213744j:plain

きのうこの自転車を発見。

早速、何だなんだ?的に調べてみた。


感想は、

「ふぅーん。」


何のオチも感動もなく終わった(焦)


写真まで撮って、調べまでしたんだけど。


この写真を削除する前にこのブログにアップして保存して置くことにした。

(こちらからは以上です・・・・・) 

ゲストハウスやカプセルホテル

ゲストハウス(カプセルホテル)の72時間密着をNHKが取り上げて番組にしていた。


ほんの3ヶ月程前までは路上とあのカプセルホテル(ゲストハウス)が私の雨風しのぐ場所だった。


放送の番組ディレクターは、綺麗に編集していたと思う。



個々の事情は、100%事実を聴き取れないのが現状だったと思う。


偶然、終電を逃したサラリーマンとかなら別だっただろうけど。



家があって、カプセルホテル(ゲストハウス)に泊まるのと、

帰る場所がなくて、行き場所の無い人間が泊まっているのとでは訳が違う。


中には、

独り身でアパートで暮らしていても「もし中で私が倒れていても誰も気づかない」と言った女性がいた。


痛い程、気持ちがわかる。



今の居場所へ移り住んでから、初めてカプセルホテルの中で撮った写真を私も観てみたんだ。


恐ろしいほど狭い。

私は、大きな荷物に全てを詰め込んでいた。

それを毎晩大人が1人寝るだけでいっぱいになる場所に入れて、足を折りたたんで寝ていたのだ。

貴重品を持っていちいちトイレ、シャワーへ。


番組の中では、

こういう「気楽さが適度に良い」と言った人が数人いた。


上で誰かが眠ってる。

音が頭の上でする。

あぁ、寝たんだなとかわかる。

そういう音が居心地が良いと。



私は、この先、自分の人生はどうなっていくのだろうかと毎晩辛かった。

気楽だなんて1度も思った事が無かった。


周囲に他人が眠っている音が聞こえてくる。

私はいびきをかいて迷惑をかけていないだろうか?

はぎしりは?寝言は?


熟睡出来た事も無かった。


ただ、寒い、暑い、雨、雷、変な人、そういうものから守られている事に

幸せだと思えた。


ゲストハウスで他人と出会う。

きっと普通のホテルなら出会わなかっただろうし、会話をしなかったであろう人と。


TVで放送していたゲストハウスは、カプセルホテルの現代バージョンタイプなので、

私が泊まっていたところに近かったように思う。


でも、決して楽しい場所では無い。

帰る場所がなく、24時間滞在出来ず、働くにしても、荷物があって大変。


私は確かに荷物を預かってもらえるカプセルホテルだったので、数時間の派遣バイトなら出来た。


でも、誰かが待っていてくれるわけでは無い。

仕事で、「おかえりなさい」と言っているとわかっていても

唯一その言葉を言ってくれる人達だった。


静かに。

出来る限り物音をたてないように、狭い空間にじっとしていた。

パソコンのタイプの音が響いてしまうので、

ゆっくりゆっくりタイプしていたのを思い出す。


ペチペチという音があんなに大きいと感じた事が無かった時間だった。


ゲストハウスだろうと、カプセルホテルだろうと、そこがおしゃれな空間だろうと、

海外の人とも交流が出来る場所だろうと、孤独な気持ちが消えるわけじゃない。

多くの事を考える時間にはなったけれど。



一泊3000円程払って、30日暮せば安いワンルームマンションの家賃並になる。

シャワーやトイレがあって電気もネットもあるわけだから、

光熱費などは必要が無い事を思えば、孤独死するより良いのかも?

いぇ、あんなに孤独な気持ちになった事はありません。


今の居場所には、犬くんがいてくれて、荷物を持ち歩く事も無い。

雨も、寒い日も、暑い日も、自分の居場所が出来た。

私がもしゲストハウスをコーディネートするなら、

私の経験をフルに活かしたゲストハウスを作る。

ドラッグストア

「ドラッグストア」

私のアルバイト先。

えぇ、えぇ、えぇ、わかります。

誰も私がどこでバイトしているとか興味なんか無いとは思うのですが(焦)


私の心の内側を純粋に文字にするにあたって

どんな職場でバイトしているのか?を書いたほうが

書きやすいと思ったので、まずこれを書く事にした。




1度もドラッグストアを利用した事が無いという人は少ないかもしれない。(と、思う)

私の職歴では、考えられないような今は仕事内容ばかりだ。


まだ今のバイトを初めて2ヶ月半。




「3」のつく数字の時(期間)、3日、30日、3ヶ月、3年、とかとかとかとか・・・・・


苦しい壁にぶつかったり、それを乗り越えないと駄目な時が多いと思う。



あと約半月。


来月に入ると私はまさに、3ヶ月が終わるという事になる。



3ヶ月にも満たない今、悪い意味で・・・・

私のポジションは「社員」と同じ仕事内容になってしまっている。



ドラッグストアでバイトをした事のある人や、登録販売者とか?薬剤師さんとか?

そういう立場になって事のある人であれば、

多かれ少なかれ感じているであろう事を私も今日々感じてる。



ドラッグストアは、昔の近所の「薬局」と違って、多くの商品を取り扱ってるところが多いと思う。

覚える商品が薬以外のものも山盛りだ。


私の場合、「重い」物を持つ事や、「品出し」「レジ」操作をした事が無かったことや、

「接客」をした事が無かったとういハンデが大きいところから始まったが、

運悪く、どれも出来てしまうようになった。


毎日、
ただのバイト(パート?)のおばちゃんの扱いじゃないでしょー的な空気だ。

働いている人が、薬剤師を除くと、全員で30人強。


その殆どが「バイト」だ。


他のバイト(パート)さんと違って、私は全部やらなくてはいけない(涙)



「品出し」だけ。
「レジ」だけ。

そういう人がいるのに、何で私は全部ですか??と

誰にも言えない(涙)




理不尽な事が、どんな職場にも付き物だとは思うのだけれど、

これまで私が手にしていた賃金の3分の1しか無いレベルのバイト。



主婦(主夫)だと「17:00」ぴったりで終わる人や午前中だけという人もいる。

でも私は、22:00(閉店時間)までが必然的。



理由は、いたって素朴で、

家に帰って子供のお世話があるわけでも、


親の介護があるわけでも、


夫の食事を作らなくてはなわけでも無いからだ。



そもそも、手にする賃金が恐ろしい程、低くて。

でも何で今のバイト先を選んだのか?というと

家から近く、何よりも大事な犬くんと一緒に過ごす時間を多く持てるから。


という理由。



今は、60分の休憩時間に自転車を競輪選手並にこいで急いで家へ戻る。

犬くんのお世話をして、私は立ったまま急いで食事をとる。


たまに家に戻って座るとしても10分以下だ。

そしてまた競輪選手並の自転車で、バイトへ戻る。


10代、20代、30代なら出来たのだろうけど、

もはや、私は毎日クタクタだ(焦)



これが事務的な仕事なら体力は使わない。(代わりに頭を使うわけだけれども)


正直、来年の今頃?これを続けていられるのか?と言うと自信が無い。




これまで訪れていた目で観てきたドラッグストアの仕事と、

実際にやってみるのとでは、想像もしていなかった程の、体力が必要だ。

ジムに通っている並に、汗だらけになってしまうほどだ。

男性でもフラフラになるレベルの重さの物を持ち運びしなくてはいけない。

引越し屋さん並の重さのものを持ったまま、脚立の上へ上がり、下がり、上がり、下がり・・・・・

世間では寒い時期なのに、

夜、仕事が終わって外へ出ると、

外気温が気持ちよくてコートなんかとても着れない。

でも、

制服のまま外へ出てはいけないので、汗をかいたままでも、

私が持ってる上着の中で1番薄いものを

やっとの想いで着るんだけど、それがまた暑い!!!!


ちなみに、以前は楽そうに見えたレジ仕事。

大違いだった。(このブログにも何度かレジの事を書いたけれど)


レジへ入る時間は、人によって1日のスケジュールは出勤してから言い渡され、

自分が何時にレジへ入る、入らないを覚えて、それに合わせて品出し、整理をしたりする。

その合間に、
接客(◯◯はどこにありますか?)(どのお薬が良いか?)を案内する。


世間話も仕事の1つで、暇潰しに来ているおばさん、おじさん、おじいちゃん、おばあちゃんも多い。


レジをする時は、

これまで、私がお客さんの立場だったから

周囲のお客さんの態度などについて考えた事も意識して見た事も無かったけれど・・・・・


例えば、「10000円からでよろしいですか?」と問いかけても返事をしない人もいる。

「見てわからないの?!」と怒る人もいる。


とある、仕事の出来無さそうなおじさんの例なんだけど、

私から
「恐れ入ります、当店のポイントカードはお持ちでしたでしょうか?」と、

聞くと・・・・

「言ったよね?」とドヤ顔だったり、目線も合わさずに言われる。


「いゃ、聞いてないし?」
と心では思うけれど・・・・

「申し訳ございませんでした。」と答える。

自動レジなので、お金を入れてしまってからでは、

ポイントカードを後出しされてもポイントをつけられない仕組みなのだ。



これまで、私が働いてきた企業で「前にも言いましたよね?」とか

「昨日も言いましたが」と言う人で仕事が出来る人はいなかったから、

こういう人は無視する事に徹するに限る。


「私はあなたの部下じゃないですから!!!」と心の中で静かに思う他ない。

こう人に限って100円そこそこのオニギリが半額になる頃にやってきて、

偉そうに色々な事を言うのだ。


理不尽にヒステリックな事を言う人は、

仕事も家庭も辛いのかななんて頭で思いながら我慢してあげる事にしてる。



「急いでるのに。」という人に限って時間のかかる事を言い出す。

こっちは冷凍のものも買っているのに、何でこんなに時間がかかるの!と怒り出す。

「そんなに急いでるなら、手続きごとは違う時にしなさいよね。」と心の中で思う。



2ヶ月半で社員と同様の仕事をしているのにも関わらず

私のネームバッジには「研修中」と書いてあるから、

それを観るお客さんの視線を感じると、それはもう「危険」信号(笑)


それはもうとってもわかり易い!!!(笑)

敵の首を捕まえた並に無茶苦茶に言われるから。


袋詰めについてや、ポイントの事から始まり、


「レシートちょうだい!」と。

渡すと、レジ前にあるレシートを捨てる箱に「ポイッ!」

「・・・・・・・・」絶句だ。



今のところレジでミス打ちをしたことは無いけれど、

後ろに行列が出来ていても、私の打ったレシートを上から下まで見届けてポイする人の気持ちがわからない。


あと・・・・・

お金をレジでホオリ投げで出す人。
(自分が一生懸命に働いてもらったお金だろうになぁって悲しくなる)


人への態度って、自分がお金を払う側だろうと、受け取る側だろうと、マナーっていうか・・・・

最低限の品格ってあっても良いって思うんだよね。



「薬局」へ毎日来る人もいる。

心に病をいっぱい抱えている人。


私がバイトしている薬局には、お菓子や食品類がある。

ドラッグストアなんだけど、

お薬を詰めるより、日用品や食品を多く袋へ詰める事が圧倒的に多い。


皆、生活苦なんだろうな。

こうやって一生懸命節約してるんだろうなぁって思う。

ポイントを貯める事は、イコール生活に直接繋がる事なんだよね。


こうやって、

改めて、文字にしてみると大した事じゃない。

でも、毎日となると

物凄いストレスだ。


外で会ったら殴ってしまいそうな言葉を言われるのだから。


「あなた人としてどうなの?」と、袋詰について言われるってどうなの?(笑)

「よく生きてるよね?こんな人で」とか言われると、

「別にあなたに生かされてるわけじゃないですから!!」って大声で

その場で言い返してやりたい。


何なら、

「そんな言葉を今あったばかりの人に言えるあなたこそ大丈夫ですか?!」と言って説教してやりたいものだ。



今年の春に新卒で入ったばかりの若い男の子(社員)が、いつもそういう私の近くへ来ては小さな声で慰めてくれる。

「頭のネジが壊れてる人はいっぱいいるので、いちいち気にしなくていいですよ」と。


その社員の男の子は、私の娘よりも若いわけだけれど、

仕事も出来て、頭もきれるけれど、何でこんなブラック会社へ就職したんだろう?って思う事がある。

かなり頭のキレる人だから、

私がこれまで働いてきた大手企業へ就職したほうが、将来があっただろうなーって思っていた。


聞いてみたら、


大学生の頃に、薬局でバイトをしていたらしく既に登録販売者の資格も持ってる。


私が重い荷物を必死で持っていたら、スーパーマンのように?助けに来てくれる。

自分がいない時には、私が仕事がやりやすいように、仕込みしてくれているのだ。

すげーーーーーっ!って純粋に思う。

いばらないし、恩着せない22歳って頭が下がる。

私よりも断然に若くて体力もある、レジも出来る人がバイトで入ってきても

その新卒くんは、仕事を教えない。


親と同年代であろう私は、レジ経験もなく、重いものも苦手なのに、

仕事がしやすいように教えてくれたり、裏技まで教えてくれる。


「仕事やる気無い人には教える気ないんで」と誰かと話をしていたのが

聞こえてきた事がある。


新卒くんが私に色々教えてくれてるのは、私が頑張ってると思ってくれているのかな。

だとしたら、

頑張らないと。


ストアを任されている店長や責任のある立場のある、バイトさん達をまとめたり、

引っ張っていかないといけない人達は、まるで駄目。


脚立を投げつけて辞めていこうかと思うレベルの態度の悪さと、酷いパワハラの連日だ。



私は今日は休みで、色々考えていたんだ。


私は、いったい何のためにこのバイトをしているのか?

誰の為に働いているのか?

バイト先は、今のバイト先で居続ける理由があるのかどうか?


お金の為には違う職場へ行くべきなのか?

犬くんのためには、お金ではなく「時間」を優先するべきなのか?



お客さんからの理不尽さは、我慢しよう。(賃金の問題では無くバイトとは言え仕事だから)

問題は、ちっとも仕事しない店長のパワハラと、私への理不尽な扱いについて。


今、

何を1番に優先するか?と考えると

やっぱり「犬くん」なのだ。


貯金を今作る事よりも、おしゃれをする事よりも、

犬くんと暮らす為の居場所確保と、食べ物がある事。


だ。


きっと。

きっと今のこの大変な日々にも、意味があると信じる。

信じる他ない。


犬くんが必死で生きようと頑張ってる。

2,3kgの小さな体で。

赤ちゃん時代から、チワワくんなのにがっちり体型だった体。

その子が今は背中に骨を感じる。

それでも一生懸命さが伝わってくるんだ。


私のくだらない人間の悩みなんか、バカみたいな内容だよね。

犬くんと一緒に暮らしたくて、一緒にいたくて。

ホームレス生活から脱出しようと思えたのは、犬くんのおかげなんだから。



くっだらないバイト先の事なんか、今考えるのは時間がもったいないよね。

心の内側を溜め込んで私の心がいっぱいいっぱいになるよりは、

ここにたまには文字にしてみよう。

頭の中の整理のために。




まとまりの無い愚痴文章、読んで頂いてありがとうございます。

何かを一生恨み続けても何も生まれないって思ってもよい?!

考えてみたのだけれど・・・

自分の都合の悪い人から逃げるのは、悪い事じゃないのかも?!

そして、逃げていく人を追いかける理由など無意味だ。


誰かと喧嘩をしたとしても、疎遠になったとしても、

数年が過ぎて、相手が元気で幸せに暮らしていてくれれば良いなと

頭に浮かべる事はいけない事なのかな・・・


疎遠になったには、理由があっただろうけれど

人をそこまで憎み続け、恨み続けるエネルギーって続くものなのかな。


地球上にいる生物、人間も含めて、

皆が仲良く共存する事は難しい事なのだろうけれど、

せめて、

せめて、人間どうしで憎み合い、恨み続けて生きるのは、悲しい事だとは考えられないものかな・・・



私をどれだけ苦しめた人がこの地球で平穏に暮らしていたとしても、

私の全人生の時間とエネルギーを使って恨み続けようとは思えない。

そのエネルギーを、

誰かの為に費やしたいものだな・・・・


確かに、綺麗事だけで生きてはいけない。

ただ、人に無関心で居続けるなんて私には無理だ。


誰とも深く関わらず、笑顔も隠して、ただ衣食住の為に仕事をしてお金を得る日々。

そんな暮らし、人生を私は送れそうに無いよ。



他人を悲しませたり、苦しませたり、困らせたり、悩ませたり?そんな事を

私自身も誰かにしている事もあるだろう。


だからこそ、

私が誰かを笑顔にさせたり、喜んでもらったり、

そういう自分でありたいな。


メリットだけを考えてなんか生きたくないな。


損得勘定が私は下手だ。

人を蹴落として上にのぼることは好きじゃない。

得意でも無い。


簡単に言えば、頭が悪いのかも?!


生きる為の要領が悪い人間だとしても、

人としての魅力は何を持って「魅力」だと言えるかは、

私が決めても良いって思う。



私にとっての人の魅力とは、

学歴やステータスでは無いんだ。


周囲と違う自分でも良いって、誰かに言ってもらおうと思えば思うほど自分が疲れる。


自分が自分自身に、「周囲と違っていていいんだよー」って言ってあげたいんだ。


あと何年生きられるのか?わからない。



生まれてから死ぬまでの間に、

誰にも迷惑をかけない人なんていないって思うんだ。

一生を独りで生き抜く事なんか不可能だって思うから。


生まれてきて、生きてるってことは、

誰かが母乳か粉ミルクを私に飲ませたのだろう。


私が今生きてるってことは、

多くの人に関わりを持ったからだし、

多くの人に助けられたのだと思う。


私がほんの少し、わずかであっても、

誰かの力になれた事もあると信じてみたいな。



「今」のどの場面にも、

「理由」があるって信じたいな。

苦しい事のほうが多いってことにも何か理由があるって思いたいな。

こんなふうに思うのは、私だけなんだろうなぁ

f:id:ecoplace:20171114143415j:plain

初めて食べました!

パッケージからどうしても「ゴキブリ」を連想してしまって、口に入れる以前に

「買う」に至らなかったお菓子。



2種類を買いました!

多く入っているパッケージを買う前に、1個ずつ購入してみました(焦)



パッケージを開けて、

中身を観てみると・・・・

じっと観てみると・・・・・


まじまじと観ればみるほど・・・・・


あぅぅ・・・



何でだろう・・・・



多分、私だけなんだろうなぁ・・・・




噛じってみると・・・・・



今度は「ゴキブリ」の餌を連想(涙)