"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産申請中←今ココ)

ぎょ。

f:id:ecoplace:20171011192158j:plain


100円ショップで買ってしまった。

たった100円で。

されど100円で。

だけどご丁寧に袋やレンズキャップもついてきた。


写真を撮った時、

「な〜んだ!やっぱりなぁ〜。」って言う自分を想像しながら買ってみた。




100円の手持ちのお金も無かった私が、

100円を捨てるつもりで買ってきた代物。



最初に撮ったのはやっぱり「犬くん」



犬くんは、赤ちゃんの時から今現在も写真嫌いだ。


カメラを向けると熟睡中でも起きて動きだす。






そ〜〜っと初めてのなんちゃって100円魚眼レンズを付けて、犬くんの顔の近くへ。


「面白い!!!」


1枚めで、案の定動き出してしまったけれど面白い写真になった!!


いつか、お金に余裕が出来たら魚眼レンズ欲しいな〜。


100円ショップのとは比べ物にならない程、

綺麗で面白い程、まあるく撮れるんだろうなぁ〜。

オハヨークレームブリュレ

f:id:ecoplace:20171011181625j:plainf:id:ecoplace:20171011181647j:plain

また写真。

大ヒット商品らしく、一度は店頭から消えてしまう程だった(らしい)

確かにメーカーのHPを観ると生産が追いつかなかった時があって今月に入って再開した様子。

実は、私はそんな事を全く知らなかった。(アイスに興味が無かった)



確かにクレームブリュレぽい。

中はバニラアイスなので、上のキャラメル部分が無かったら、うーん・・・・・

売り切れて大変だというので、1人暮らしだと言うのに8個も買ってきてしまった。(後悔)



娘と暮らしていた時の冷蔵庫の感覚でまだいるみたいで、

今のひとり暮らし仕様の冷蔵庫のフリーザーには、まとめ書いをして

小分けにしたものを冷凍にするとそれだけでいっぱいになる。(焦)



食パンを冷凍庫に入れる事が出来ず、2日で食べ切らないといけなくなってから、

私の胃の変なところに着いていた過食スイッチがオンに。



1ヶ月で7キロも太って、満腹感は相変わらずなく

涙を出して、泣きながら食べている自分を戦ってる。


今、頭のどこかで不安になっているのは、

4日くらい前からものすごい浮腫(むくみ)が足に出ていて、足首も足指も境がわからないレベルで浮腫んでる。



個々数年の間に、若くして亡くなったりしている芸能人にも多い、心不全の症状に近い。


血液検査を受けようと思ったけれど、とりあえず即効性のある利尿漢方で試してみる事にしたんだ。



死ぬ事が怖いというよりは、

私が死んだら、誰が発見してくれるのか???犬くんも1人になってご飯も食べれない、お水も無い、

死んでしまった私の遺体の横で餓死してしまうのでは無いか???

あぅぅぅぅ・・・・・これは駄目だ。


夢にまで観てホームレスを脱したのだから。

犬くんを少しでも長く楽に楽しい暮らしにして最期を看取ってあげたいんでしょ!。



利尿効果のある漢方を飲んでまだ1日。

ひたすらトイレへの往復。


バイト先ならこれは出来ない(涙)


立ちっぱなしの仕事で、軽くジムで運動してる並に走ったり動いたり重いものを持ったりするハードなバイトだ。


何よりも、接客もあるので、自分が入ると決まってる時間帯に尿意は困る。

だけど、このままで良いようにも思えない(涙)



歩くと、足の裏が痛い。

土踏まずが膨らんでる(浮腫)せいで、痛い。


いきなり7kg太ったせいで、体が私へ危険信号を送ってくれてるんだねー。


アイスクリームを食べている場合では無いのだよ、私くん。


残りの7個は無かった事にして捨てる(涙)





体が悲鳴をあげているようなので、戒め的に決まりを1人で作ってみた。

アイスクリームさん サヨナラ(T_T)/~~~


1)塩分を最低限にする。

2)スナック類を食べない。


3)満腹感が無いのだから、一般的な量の1日分を小分けにしてそれ以外は買わない、食べない。


4)イライラしたり漠然とした不安が襲って口に何か入れたくなったら、1日に食べて良い量の「無塩アーモンド」を。

5)仕事から帰宅後は何も食べずに犬くんのお散歩を先に行ってその後は寝る事。(仕事から帰宅する時間が遅い為)

6)バイトでかなり汗をかくので水分は必要。無駄にダラダラ飲まない事。


ガンバレ私!!犬くんの為だぜぃぃぃぃ!!!(焦)

パラリーガル

昨日もおとついも、夜にしっかり睡眠を取れていない。

何となく憂鬱なのに、神経が高ぶっているからかも。

自己破産申請の為に準備をしてもらっているパラリーガルの対応について憂鬱になってる。


彼女は、どんな人生を送ってきたのだろう?

どんな人生を過ごしているのかな。


自業自得だと理解しているけれど、弁護士に依頼していても、
自己破産の申請手続きの為に、私がこんなにやらなくてはいけない事が多いって苦しいな。



裁判所に出す書類の中に、過去10年間に遡ったこれまでの私の生活、金銭の事、仕事の事、病気の事などの陳述が必要だそあで。。。

私のこれまでの過去10年を、文章に書き起こすというので、
週に2度の休みのうち、1日は犬くんの病院、私の病院、そしてもう1日は、パラリーガルと電話で、これまでの人生を時系列で話すという、私にとっては苦痛そのものの時間をおくってる。

ちゃんと、私だって
パラリーガルさんは、忙しいのはわかる。

わかるんだけど、同じ過去の辛い時期の事を何度も何度も聞かれ続けるてばかりだと、 前向きな思考や気持ちが真逆になりつつあって、良くなる事も悪くなりつつあって、日常生活を良い方向へ立て直そうとしているにも関わらず、電話がかかってくる日の
2日前、3日前くらいから
段々と気持ちが下がり、鬱になってしまう。

特に前日の夜は眠れない。

昨日の休みもそうだった。

夕方の17:00に電話をかけると言うので、その時間に外にいるわけにはいかない。

出かけるわけにもいかず、
ダラダラと家で何も出来ない心境で電話を待った。
そして、約束した時間どおりに電話をかけてきた試しがない。

昨日は一時間遅れの電話。


1ヶ月以上もかけて、電話で私からこれまでの人生について聞かれてきたけど、それを裁判所へ提出用に書き起こしていると聞いていた事は確か。

昨日、
一旦、出来た文章を確認してほしいと言うので、昨夜読んで、
絶句。


これなら私が最初から書けば良かったのでは?と思うような
おざなりな文章だった。



何で弁護士はこの人に任せきりなんだ?!

パラリーガル女性と昨夜電話で話をした時に、彼女が言った言葉で、気になったのは、

「私は◯◯さんでは無いですし、◯◯さんの人生をずっと観てきたわけでは無いのでわからない」と。


いや・・・・だから....

毎週の私の休みを使って、1回の電話で何時間もかけて自分のこれまでの事を説明してきたわけで.....


何を聞いてくれていたのだろうか?

時系列もぐちゃぐちゃ。

内容も虚偽と取られかねないもので。


修正したほうが良いよ思われる箇所を返信で送ってくれてよいというので、修正しまくったよね。


どうしても、彼女はメールでのやり取りでは無理だと言っていたけれど、

十分、メールで良かったし、私が最初から書けば良かったんじゃないの???


気持ちが下がったまま、夜もちゃんと眠れず、朝を迎え、

バイトへ行ったところまでは良いけれど、しんどい。。。。




人生やりなおす為の自己破産申請。

財産もなく、障害があって、やっとの思いで働き、
住処を得て今になっているのに、

私の場合で考えれば、管財人がつく案件の自己破産では無い。もしそうなった場合は、さらに申請費用が上がる。

私の依頼した弁護士さんは若く、パラリーガルも若い。


若いから駄目ってわけでは無い。

若くても相手の立場になって考えられる人はいっぱいいるから。



またも、日付が変わってしまった。
時間が出勤時刻にどんどんに近づく。

そうそう、月曜日は祝日なんだね。
時間が過ぎるのが早い。1日が早い。

パラリーガル女性が私の書いたメールを読むのは火曜だろう。

10人中、2人。

バイト中の日曜日。

これからは出来るだけ、

1時間の休憩時間にHatena Blogを開いて自分の心の中にあるヘドロのような?

想いを文字にしてみる事にした。


なぜなら、1ヶ月の間にブログどころか自分だけの時間が取れなくなってきていて、

フラストレーションのような?事が起き初めていて、心の日常のバランスが悪いと感じだしているから。


私の知らない誰かが観てくれている、観てくれていないを知ると確かに、生きる為の活力になって、

救われる事もある。

良いこと、悪い事を含めて、意見や感想を言ってもらえる事も、有り難いって感じてる。

そして、私の頭の中に浮かんで散らかってしまう、整理のつかない言葉、考え、思考、

漠然とした不安や怒り恐怖孤独な気持ちなどにも手をつけてくれるような気がする。




毎日、同じ電車に乗って、

同じ会社へ行き、

同じメンバーと大して変化の無い仕事をひたすら繰り返し、

時間が来たら、家(自分の巣)へ戻る。


それは、簡単な事では無い。



何しろ、私には出来ない事なのだ。


今、私はバイト先へ自転車に乗り2,3分こぐと着く。


見た目と違って肉体労働だったバイトの内容に驚きながらも、

1日をとにかく終わらせる事だけに必死。



生まれて始めてのレジ業務もわからないながらも、何とかこうにか、形になってきた。

4つのレジの中の1人で、たまにあとの3人がいない時でもどうにかなるようになってきた。

周囲を見渡す余裕なんかゼロだったのに、お客さんへの配慮や世間話、作り笑顔も出せるようになった。


だけど、絶対に油断は禁物だ。


私は、生まれ持っての失敗が続く星の下に絶えず生きてるので(笑)


失敗しても、冷静に口にして言えるようになってきたり、

間違いを一つずつただしながら行動が保てるようになった。これをキープしつつ

さらにステップアップしよう。


バイト先の人は優しい人もちゃんといて、意地悪な人もちゃんといて、

お客さんは、10人中、2人はマナーの出来てる人。残りは、「えー!?」な人達。


それでも、この人のおかげで時給が発生してるんだな〜なんて顔を観てる。


どんなに心が干からびた人でも、

私がそうならないで生きて日々過ごしていればいいんだ。


ぶりっ子だとかいい人ぶって、と、何を言われても、純粋に生きたいし、

自分に嘘をつきたくないから。

私はこのまんまで良いさ。うん。

金城一紀さんにがっかり

金城一紀さんの事をブログに書いたらTwitter(@pageturner1029)さんから
ブロックされました。


新ドラマの脚本家さんですよ?!

自分の作品(文章)に自信が無いんだろうと思う。

色々な意味で、物書きさんもただの「人」なのだと思います。



ご本人からはブロックされたのでここを読まれる事も無いと思うので書きますが、

絶縁された私の唯一の身内は、新ドラマが放送された同じ局で働いています。

だから勿論、数字も応援してきました。
(視聴率で、社食が無料になったりします。)

彼女はディレクター( D )という仕事で番組をつくる側の人間です。


だから、本当は書くかどうか迷っていました。作る側の大変さがわかるからです・・・・


局の製作会社が作ったドラマの内容についての

ただの視聴者としての私なりの気持ちも含め、言葉を残したかったのですが、

残念ながら脚本家としては受け入れるどころか、逆ギレされてしまって残念です。

DV被害に今まさにあっている女性にエールを送りたいとも思っています。

あれはドラマの中での内容であって、自分が弱いとどうか思わないで!という意味を込めて・・・・



ちなみに、

ブログ用Twitterアカウントではなく、リアル日常のアカウントで観ようと思えば見えます(焦)



DVについて書いたのだから、DV経験者からのコメントがあっても仕方が無いとは思いませんか?



脚本家が自分の作品であるドラマの視聴者である人間から感想を観たくない?聴きたくない?

だなんて驚きを隠せません。



自分を肯定して褒めてくれる人間だけと一生付き合う事は、それも1つの人生の選択だと思う。



ただ、BODERも含めて、ドラマや映画など公で不特定多数の人の目に触れるものに関わる人間は

常に大きなものを背負っています。

私の娘もその1人です。

どんな番組もそうですが、視聴者あっての番組です。

そして、その視聴者からの言葉は大事だと思うのです。

いつ過労死してもおかしくないレベルのスケジュールで働いています。

皮肉にも、

残業続きで心を病み、悲しいかな、自殺してしまった人の報道を、徹夜して取材しているTV局側の

スタッフは辛い事だらけです。


金城一紀さんのような人が、私の周りにもいます。

肯定してくれる人とだけしか付き合わないという人が。

自分をアピールするのが上手な人。

自分をいかにして前へ上へ持って行くかを常に考えている人が。



彼らは本当は、ダメージに弱い人なのだろうけれど、

ネガティブ思考な人と一緒にいると自分の運が下がってしまうと本気で思っている人もいます。


私は普段から他人に褒められる事に慣れていないせいか、褒められると

その場から立ち去りたくなるレベルの人間です。

だから、自分の駄目なところを指摘してくれる人は、あぁ本気で私の事を観てくれたのかも?と

自分には都合良く、気楽な方向へ物事も言葉も受け取ります。



ただ、理不尽な事は駄目です。

相手を思っての言葉なのか、そうでは無いのか?は、

自分で瞬時に判断しなくてはいけない時があります。



脚本家の中には、どんなパターンの人間がいるか?を私もわずかながらに知っています。

文章を書いて食べる事を選んでいる人の中には、

自分の作品(文章)だけではなく、自分本体(自身)をも前(TV、雑誌など)へ出たい、

お金を守りたい人っています。

有名な人達とだけつるんでいたいという人もいます。


金城一紀さんには、がっかりしてしまいましたが、それはもう仕方がない事。


ただ、DVについての理解は私が持ち続け、1人でも多くの女性を助けたいと本気で思っています。

こんな私に賛同してくれる人が、理解してくれる人が、たとえ、文字であっても

今苦しんでいるDV被害者である人を救えるとわずかにでも感じて下さる方がいたら、

RTでも、別の形になっても、改めてのツイートでもブログでも構いません。

DV被害にあっている女性は弱いんじゃないよ。と伝えてあげてください。


お願いします。

弱いからじゃない!

#奥様は取扱い注意 #金城一紀

本当は書かないでおこうと思ったんだけど、頭から離れないからやっぱり書く。(AXONさんごめんなさい)


今シーズンのドラマで奥様は取扱い注意という作品について。
私の好きな綾瀬はるかさんが主婦の役という宣伝だったので、観た。

第一話では、料理教室で出会った1人の女性がDV被害者だと気づき助けるという内容だった。


どうしても私の頭の中から離れないセリフがあったんだ。




「自分の弱さを認めるというのは、とても難しい事なんだ。」
「今◯◯さんは、誇りと尊厳を傷つけられている。」
「それも自分が結婚相手として選んだ人間に。」
「だから、混乱して恥ずかしくて、そう簡単には打ち明けられないよ」


これは、綾瀬はるかさんが演じる主婦の夫役の西島秀俊さんのセリフ。

DV被害者を助けようとする妻へ夫がアドバイスとして言う言葉のセリフのシーン。



今現在も、
過去にも私のようにDV被害で生きている女性に対して
謝ってほしいと思った言葉だった。



DV被害にあっている人が、「弱さ」があるからとも取れる。


さらに、この第一話の中には、

このDV被害者の女性のセリフの中に、こんなのもあったんだ。


「私が弱いのは 女だからですか?」


「それとも ただ私が弱いだけですか?」



「いや、違うでしょ!!」

脚本を書いた金城一紀さん!!!



DV被害者は弱いわけじゃない!

脚本家の頭の中に、女性=DV=弱い の発想が無かったら、セリフの中にこんな言葉やニュアンスは出てこないと思う!




DVを受けている女性が周囲に助けてもらうには、まず自分が弱いと認める必要があるのですか?!

京都弁で言えば、「なんでやねん!!」です。



あのドラマを観ている人の中には、リアルタイムでDV被害を受けている女性もいっぱいいたはず。

私のように、「過去の経験者」もいたはず。


殴られる、蹴られる、刺されるをされていて、

自分が弱い事を認めて、周囲に助けてもらおうなんて思う必要も考える必要もそんな発想を持つ必要も無いと

私は声をにして言います!




女性が男性を殴る蹴るという社会の問題も今は表に少しずつ出てきているけど、

動物的な面で言えば、女性は余程なアスリートか鍛えている人でなければ、

男性の力には、かないません。


殴られ続けて、暴言を言い続けられてしまう日常で、

自分だけの力で抜け出る事は、物凄くエネルギーの必要な事です。


自分が弱いから殴られているのだと思う必要はゼロです。


ドラマだから良い?!

FAKEだから良い?!

この脚本家さんは、いくつもヒット作を出した人でしょうが、頭の中がDV発想丸出しです。

私の頭の中にセリフが焼き付いて離れません。

理由は、簡単でシンプルです。

私が毎日言われていた言葉と暴力と100%同じだから。


「僕が一生懸命に働いて何不自由のない暮らしをさせてあげて(やって)るんだから

君は家の事を完璧にやってくれないと。」

「ぼくがいくら注意しても君は全く成長しないね。」

「でもぼくはあきらめないよ。君のために何度でも注意し続けるよ。」→ 殴る蹴る


「君は僕がいないと生きていけないだろう!?」

「別れたあとの生活はどうするんだ?!」

「君みたいな無能な女は社会に出ても働き口なんかないぞ」



このドラマの中に出てきたセリフは、私が受けた傷のごく1部でしか無いけれど、

恐ろしい程、全く同じだった。


DVを歪んだ形で色々な人に知ってもらいたくない。


暴力を受けることは、恥ずかしい事では無い。

そして、自分が弱いから受けるわけでも無い。


DV被害で生きてる女性は、暴力から開放されて何十年たっても私のように

いつも漠然とした恐怖と戦って生きてるって事を知ってもらいたい。