"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレス日記)

周囲の人の断捨離

不思議ですが、吐きそうなくらいですが、、、

 

書類通過したので、1次面接クリア、今から社員2次面接へ行ってきます。

 

緊張してるというか、あまり自信が無いからか、吐きそうです。

 

私のこれまで経歴には無い業界なので、余計に緊張しています。

 

ただ、昨日の夜。

 

私は、1番離れてほしくないなーと思っている知り合いに、

実は私は、生まれてからろくな人生ではなかったという事、

今も、極貧でもうすぐ家も失うという事。

 

仕事も決まっていない。

 

全て、彼女に打ち明けました。

 

重い話だし、聞かされてもきっと不愉快な話ばっかり。

だから?って感じになってしまうと思います。

 

ただ、私ってこういう人なのだ。

 

それが誰かに言いたかったんだと思う。

 

高級住宅街に住む、セレブでもなく

何一つ不自由の無い暮らしをしてきた人間では無い、学歴ない、頭悪い。

 

そういうのを全てその知人に伝えてしまおう!って思ったんだよね。

 

離れて行ってしまうか、これまでどおり少し距離を置いて、

何事も無かったかのように薄く浅くの付き合いになるのか。

わからない。

 

でも、離れて行ってしまう事を覚悟で伝えたんだ。

 

明日の私の人生がどうなっているかなんて、私には何の約束も無いから。

 

これまでの事をバックしていくわけにはいかないから。

それなら、前へ進むためのアテンドをしても良いのじゃないかなって。

 

いやな言葉だけど、人間の知人の断捨離?

広告を非表示にする