"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレス日記)

離婚のスタイルの違い

母国の人同士の恋愛だろうと、そうではない恋愛の大きな違いって何だろう?

 

恋愛も結婚も、仮に同じ姉妹や兄弟でも違うのだから、

みんな違うんじゃないかなって思うんだよね。

 

私は、結婚していた時に思ったのは

●●さんの奥さん。と呼ばれていた。

●●の嫁。とかね。

 

これが、仮にアメリカ人と結婚した場合、

●●(私の名前)で呼ばれる時のほうが絶対的に多いと思う。

 

つまり、付属品のような感覚になるのが日本人同士の結婚だった?印象。

●●のだんなさん。

●●のご主人。

 

これも何だかなーって思ってた。

 

嫁姑問題は、世界共通な事もあると思うけど、

日本のように、一緒に暮らすという事態はかなり少ないので

余程の事がなければ避けて通れる災難だと思う。

 

離婚問題で絶対的に違うのが、夫婦の間にできた子供の事。

お互いに再婚しても、子供の親権は夫婦で持つというのが、

日本には無い。

 

私は、自分が好きで結婚した人が他の人に心変わりしたとしたら、

まず、申し訳ないなーって女性に対して思うだろうな。

日本には戸籍なるものがあるわけで、離婚していなければ、私という存在が

邪魔に思われるか、切なく感じさせてしまうだろうから。

 

ただの体の関係だけの浮気なら、それは「遊び」として

ぎゃーーーー!ってなるんだろうけど、

離婚しようとは思わない。

 

ぎゃー!は、1日もあれば終わる。

 

離婚問題を専門に相談したり、カウンセリングを受ける事があるけれど、

日本では、出来るだけ身内だけで解決しようというのが根強いよね(笑)

広告を非表示にする