"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレス日記)

生活保護いらないから!!

本日で、全ての公的な貸付は私では申請すら出来ないという事になった。

 

最後の望みだった、転宅資金貸付。

 

これは、過去に女性が一人で子供を育てた事のある人の為が転宅の為に使う貸付。

子供が既に成人していても可能な凄い制度だと思ったんだけど。

 

貸付申請して、1ヶ月くらいはかかるんだけど、6ヶ月の猶予後、3年以内に返済すれば

オッケーという有難い制度だ。

 

公的な貸付は、本当に「今」困っている人の為のものなはずだと思うけれど、

「今」困っているのに、

過去にきちんと働けていたのか?という実績が無ければ貸付に申し込みすら出来ない。

 

矛盾。

 

体を壊して働けなかったけれど、さあ!いよいよ今から働く準備できました!

頑張るので、家も今の場所では家賃が高すぎるので、安い処へ転居して

心機一転頑張りたい!!!の人を応援はしてくれない。

 

あー!矛盾。

 

頑張ろうとしても、リスタートしたい!と思っても、

先月まで働けていなかったのだから、貸付しても、返済出来ないかもしれないと判断されてしまう。

 

そりゃ、わかりますとも!わかりますが!

働きたい!んでもって、自立しようと立ち上がった人間に対して、

生活保護を勧めるってどうなの、、、

 

いや、それは最後の最後にどうしようもなくなったら、ではないかい??

広告を非表示にする