読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚した女のその後の人生

えぇ、えぇ、出て行きますとも!!

どうでもいいような事で喧嘩になる。

 

娘と。

 

結局、病院行くのやめた。

もう、どーでもよくなる。

 

娘は、24H体制で私を心配してくれてる。わかってるよ。

だけどさ、、、他にもっと言い方ってものが無いのかね。

私の性格考えてさ、若い娘が私に合わせてくれないものかね。

 

この年齢になると、なかなか柔軟性もなくなるってものなのよ。

 

同年代のママに比べたら、まだ赤ちゃん育児してるようなママくらいの

柔軟さだと内心、私は思ってるけどね!!!

 

 

娘。

同性だからちょっとした事で言い合いになったり、あーでもない、こーでもない、と

言い合いになる。

2人だから、仲裁もいないし。

裁判長も相変わらずいないし。

 

でも、私は内心わかってる。

私が間違ってないって。

娘は言い出したら後ろへ戻れない頑固親父みたいな性格だから。

 

私が黙るか、謝るか、我慢する。

これ以外に、解決方法が無いんだよね

 

えぇ、えぇ、出て行きますとも!!!

部屋に荷物を置いていいと言ってくれて感謝していたのに。

娘には頼めないと思っていたのに、娘から置いたら良いと期限付きとは言え、

そう思ったら、ほぼ毎日のように

仕事は見つかったか、見つけようとしてるのか、

考え方が甘い、この時点で決まってないっていう危機感が無い。

 

部屋が狭くなって、片付ける気にならない。

 

はぁー!?そんな事、わかってたでしょーーーーに!!

えぇ、えぇ、仕事は探していますよ。

毎日、いくつも不採用を聞いても、笑顔で頑張ろうとしてる私の心の凹みようなんて

あなたみたいに、何でも出来る人にはわからないでしょーよ!フン!!

 

夕食は食べるとかだけ言い残していく、あいつめ!!!

自力で作れよ!!

クッキングが最近趣味で〜〜って、ここへ居候させてもらう前に

そう言ってたじゃん!!いつよ!!!

いつ、あなたがクックしたんだよーーーーーー!!