読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚した女のその後の人生

あ。きた!

今朝起きたら、「あ 風邪きた!」な感じで、急いでお薬を飲み、

再びの睡眠トライ!

寒いのか熱い(暑い)のかわからなくて、とにかくじっとしてこの時間に。

 

昨日の夜からやっと、LINEの事を気にせずにぐっすり眠れたんだけど、

今後は風邪?気温が急に下がったからかな。

安心して風邪ひいちゃったのかな。

気合いで週末の間になおしたいのだ。

 

とうとう、10月真ん中。

大丈夫よ!大丈夫って思う事がいつも最後は何とかなってきたんだから。

誰も助けてくれない私は、こういう運(悪運?)が最後は助けてくれるから。

 

自力で頑張っても頑張っても、前へ進めずにその場で足踏みしている事ってある。

きっと誰でにもこういう経験ってあると思う。

前へ進んでいるつもりが、バックしていたり。

 

自身の事を自分が一番わかってると思う人ほど、あぶないから。

私みたいに、自分が次どうなるのか?計画より目標と、自分が何がしたいのか

何が出来るのか、どこへ進んで行きたいのか、そして、

「人」を大事にする事。

 

心の貧乏な人間には絶対にならない事。

 

ブランドを身にまとって身につけて、高級車へ乗って、高級住宅街で暮らしていても

心の中で泣いている人をたくさん見てきたから。

底辺にいた事のある人は、(私の事だけど)高級住宅街で暮らしても、

いつでもまた田舎にもいけるし、海外でも大丈夫だし、狭いアパート暮らしでも大丈夫。

だから、生活のレベルが下がる事に恐れは無い。

気持ちが貧乏になる事が何よりも怖いから。これだけは嫌だ。