"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレス日記)

言い訳

私は、何が嫌いかというと、

何でも「●●が悪いから」「●●が〜だから」と、

色々な言い訳をして、結果がダメだった事の言い訳にする人がいやだな。

 

結果が、良くも悪くも、「結果」でしか無いって思ってる。

それはあくまでも「結果」だから。

 

何でいちいち、その結果に理由をつけようとするか?

何で悪い結果になった時に、何かの理由で言い訳をするのか?

 

自分で、自分を納得させる人もいるでしょうが、

他人、周囲に対してのプライドが許さない人もいるのですよね。

 

自分は絶対に悪くない。

自分のせいではない。

 

「悪いのは、星(占い)のせいで、、、、」って書いてある人のブログ、

痛々しくてもう途中で今日は読むのをやめた。

 

4度目の離婚、そりゃ世間体悪いんだろうね。

でも、不思議なのは、3度目の夫だった人のファミリーネーム(名字)を

戸籍では使ってるという事。

 

子供達とも名字が違っていたり、4度目の新しい夫とのファミリーネームではなく

3度目の夫のファミリーネームが戸籍では残していたり。

何かと、不思議ばおばさんですが表向きと、現実が違うなんて事は、

本人しかわからない事です。

 

何なら、本人も段々、自分自身の事わからなくなってきているかもしれませんね。

いつか、年老いて、子供が離れていった時、

本当の友達もいなくなった時、「反省」をする日がくるのではないでしょうか。

 

悪態をついていられるのは、今まだ体が元気だからでしょうね。

子供もまだ同じ家にいるからでしょうね。

早く出ていけとおもっているのは、自分が元気だからです。

 

独居老人になって、他人の手を借りなくては生活ができなくなった時、

子供に早くでていけとか思った自分の気持ちを思い出すかもしれません。

 

私は、

子供の独立とは、物理的に離れるという事では無いと思ったほうがいいと考えています。「独立」というのは、物理的、距離の事ではなく、精神的な意味で

親と子が一定の距離感を保てるか。

 

何歳になっても、親の事を恨んでいる人は、

物理的に親と離れていても、それは「独立」したとは思いません。

親離れ出来ないまま、物理的に離れた人だと思います。

 

子離れ、親離れを何が何でもしないと不健康か?と言えば、

一概にそうでは無いと思っています。

一緒に暮らしていても、家族間でそれぞれの事を理解しあったり、認めあえたり、

尊重しあえて、信頼関係があれば、それは、不健康な距離感では無いと私は思っています。

 

精神的に、悪い意味で、いつまでも親に対しての何らかの強い思いがある間は、

信頼関係は出来上がらないと思います。

親であろうと、他人であろうと、相手を尊重したり、信頼出来ない関係でいるなら、

関わりを断てば良いと思うのです。

 

未成年の子供の存在をうっとおしく感じる親というのは、

まず、親の方が子離れ出来ていない証拠です。

精神的に、子供を尊重してさえいれば難しい年齢になってきて親の言った事を

聴かなくなった時に、微笑ましく思うはずなんです。

 

子供の成長を喜んで良いはずですが、

自分の思い通りに子供が動かないとイライラする親はいます。

子供は、ちゃんと自分の足で前へ進もうとしているのに。

見守る という事が出来ない親は、まず自分の精神に余裕がありません。

 

いつも何かのせいにしたり、何かに依存しています。

勿論、無意識の中でその環境にいます。

 

占い。

信じるのは自由です。

星のせいにするのも自由です。

 

ただ、自分の責任でこの世に生まれてきてくれた子供達を振り回している事を

知っていながら、反省をしない人は進歩しないでしょうね。

 

私の人生でいうと、反省ばっかりなのですが、

人生、ちっとも進歩していません。

ただ、なにかのせいにするという事は、しません。 

自分が惨めになるだけだって事を知っているから。

 

子供は、私の命よりも大事な存在です。

子供がこれから生きていくうえで、私がダメなところを思い出してそうならないように

生きてくれる事を心から願います。

都合のいい願いですが、本心です。

 

私を見て、親の好きなところと、ダメだと思ったところを

忘れないで生きていってほしい。

 

私が、今生きている事も、子供が今生きている事も、

これまでの私の人生も、これからの私の人生も、占いとか宗教とか星?の「せい」に

なる事はありません。