読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚した女のその後の人生

助かった

今日は、数年ぶりに話をした人がいました。

お電話だけだったのですが、自殺未遂をしようとした女子大生の子のお母さんとです。

 

当時、その子は大学生。

今は、30歳を目前にした女性。

 

お母さんは私に当時、助けてもらったのに

何のお礼も言えないままだったとおっしゃって。

 

あれから数年。

 

また、彼女が死のうとベランダから飛び降りようとしたところを

救急隊に止められて助かった。

 

今回は、私に何が出来るかな。

 

他人の家庭の話に首つっこむって事は、重い責任覚悟の上で行動、言動を発しなくてはいけないので、気持ちは重いですが、

何もしないで、その子が消えてしまったりしたら、

私は一生後悔すると思うから。

 

助けてと私を頼ってくれる限り、私は無視できない。