"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレス日記)

サイバーエージェント

最近、アメブロさんの行為?が不愉快だったりします。

 

spotrightの記事を書いてみませんか?とメッセージを頂いたので、

書きだしてみたら、今度はいきなり、今後、書いて頂く頂かないの判断をするとかしないとか、もーよくわからないのと何となく人を試されているみたいで、記事を書くのをやめていました。

 

そして、今度は

特別な、アメブロのブログのテーマを送って来られました。

その内容は、ある放送局のドラマについての記事を書いてほしいとの事でした。

 

私の娘も、局が職場な事もあってわかります。事情も内情も。

 

ただ、私は、素人で、ブログを素朴に日記のようにダラダラと書いているだけです。

 

誰かと天秤にかけられて今後書いていいよ、書かなくていいよと判断されるのも、

ブログのテーマを決められてしまうのも、何で?って不愉快です。

 

厳密に言うと、無視してこれまでどおり好きに思いついた時に、

思いついたテーマで書けば良いとは思っています。

 

でも、アメーバのブログ担当で仕事をしておられる方達は、純粋に書いている人の

気持ちを考えず、とても仕事臭いプンプンなやり方を押し付けてはいないですか?

いちいち、私の記事を読んでおられるとは思えないですが、

私がもしアメーバー社員なら。

 

こんな提案絶対しないです。

 

ポジティブな内容ばかりではないし、

自分の宣伝ばっかりしてる人じゃないですから。

 

むしろ、こういう企画を考える時、

ネガティブな内容をここで、公にしている人達を大事にした方法を考えると思います。

 

最近、とある大手広告会社で労災がどーのこーの問題がありましたね。

 

もはや、今サイバーエージェントは大きな会社に発展しました。

 

今程まだ有名では無かった頃、私は仕事でサイバーエージェントの人事の方と

お話をする機会があって、2日にわたりお話をさせて頂いた事があったのが、

ここでブログを書こうと思ったきっかけでした。

 

その人事の人たちが、他の企業人事の方達とは全く違う空気で、

とってもとっても、腰が低く、笑顔で空気を読みつつ、全てに対応して下さる人たちだったのです。

 

その人達との出会いが無かったら、サイバーエージェントという企業へのイメージは

全くちがっていたと思います。

大きく発展して、良かったと思っていたら、こんな人を不愉快にさせる可能性の

ある企画を考えるっていう人達が、、、残念です。

 

アメブロから違うところへお引越ししていく人も多いです。

理由は、小さな事の積み重ねでは無いでしょうか?

ブログだけで、サイバーエージェントはここまで大きくなったとは思いません。

でも、一つの分野もとても大事にしているという社風だったら素敵だなって思います。