読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚した女のその後の人生

定年

もう何十年も働いた定年間近のおばさんみたいな心境。

 

現実は、久しぶりのお仕事をたったの2日出勤しただけなのに。

 

娘が、今朝は「行ってらっしゃい」と見送って言ってくれた。

 

早朝にも関わらず、ポニーテールにしていたら、

起きてくれて髪を巻いてあげようか?とか(笑)

 

早く、犬と一緒に居候生活から出ないとだからね。申し訳ないなーって毎日思ってる。

娘は、私が一緒にいたらママのご飯も食べれるしいいんだけどなー。

犬とも一緒にいられる事が嬉しいみたいだし。

 

問題は、家の狭さの問題と、自分の思ったように家具の配置も片付けも置き場所も

全てが違う今の現状に、イライラしてしまっているストレス。

一人になる時間やペースが無い事。

 

彼女は、元々そういう自分の思う生活サイクルや、物理的な事も自分の中の

ルールのようなものがあると、人の数百倍のストレスになって爆発する。

 

彼女が自律神経失調のような症状が出ている事も気づいてる。

 

すぐに、出ていけるなら出て行きたい。

ごめんねー!って心の中で24H思ってるんだけどね。

居候生活も、早くも1ヶ月と10日?が過ぎたね。><

 

明日も仕事は行くのかぁ。トホホ。