読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚した女のその後の人生

ま、私には出来ないけどね。

新しい職場に、自分を物凄く良く言う人がいる。

 

日本人は、沢山の人の前だろうと2人きりだろうと、人の前で自分を謙遜する人が

多いほうだと思っていた。

 

私も日本人で、どちらかと言うと、謙遜しがち。

 

その職場にいる女性は、研修中に教える側の立場としているのだが、

3分に1度は、自分の過去の栄光、今現在の事も全て自分を褒める。

 

適度ではない。

大げさなくらい褒める。

 

きっと、彼女のためにはあのくらい自分が大好きで、自分を褒めてあげるって事は

生きる上で更に成長するのかもしれない。

自信がある凄い人だと思う。

 

研修に関係の無い事でも褒める(笑)

 

昭和60年生まれなんだそうで。それも褒めてた。(笑)

 

不快になる程、自分を褒めていたけれど、今日2日めの最後の方になって

ちょっと笑えた。良い意味で。

きっと、蝶よ華よと育てられたか、

もしくは、けなされて育ったせいか、自分で褒めちぎる事に決めたのか?

どちらにしろ、

彼女の中の為だけで考えると、あんなに頻繁に自分を褒めるって、凄い。