読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚した女のその後の人生

パーフェクト

前にもこのブログに書いたかもしれないけど、

 

母親だからパーフェクトに頑張ろうって思うと、子供は疲れる事がある。

 

例えば。

 

私はまだ娘が幼かった頃、ママだから〜じゃないと!って項目が多かった。

誰が決めたわけでも無いのに。

自分がそうありたい、そうじゃないとって思っていた。

 

三つ子の魂100までも。

 

この言葉は当てはまらないけど、

娘は、そんな潔癖でパーフェクトを目指して頑張っていた私を観ていたんだなぁって

今、思う事がたくさんある。

 

 

私が完璧に何でもこなしたり、頑張っていた頃は

娘がウダウダで、お部屋も片付けなかったり。

思春期の頃には、引きこもりになったり。

 

もちろん、その背景にはいろんな事があった環境ではあったけれど、

親が凄い!と誰が見ても絶賛される環境に育つ子供って、それなりに

プレッシャーの中で育つんだと思う。

そして、それが記憶のどこかに残ってるのかな。

 

今現在、大人になった娘は何でも完璧を目指そうとして、苦しむ時がある。

置いたものが少しでも動いていたりすると、嫌悪感でいっぱいになる。

状況とか動作、手順が狂ったり、スケジュールが変わっても、

自己嫌悪とか、イライラ感でいっぱいになって、それがストレス貯金になってる。

 

私がクックして、煮こぼれしたとする。

ガスコンロの汚れをその時に綺麗にして、現状回復したいと娘は思う。

そもそも、煮こぼれ自体がもう許せないってなる。

 

娘のフラストレーションが爆発。

 

居候の身なので、全開では言えないんだけど(笑)、娘に伝えた事がある。

 

ママは、このガスコンロを綺麗に現状回復する事は容易いよ。

でも、もし明日もに煮こぼれしたら、明日、2日分のお掃除をしたら良いだけ。

3日なら、3日分。ただそれだけ。

 

1回の煮こぼれを掃除するのも、3回分の煮こぼれの掃除をするのも、

ママにとっては、同じなんだよねって言った。

 

ママは、若い時に物事を完璧にこなそうと頑張った結果、壊れてしまった機能が

いっぱいで、ストレス貯金も解約しなくちゃいけない程、たんまり出てきたでしょ?

だから、わかるんだ。

お洗濯が3日分たまっても大丈夫。

毎日、手作りで健康的な食事を目指さなくても、たまにはジャンクフードと言われるものを食べたくなったら食べてもいいって思う。

お弁当を買おうが、外食もありきで良いって思う。

 

お部屋が片付いていなくても、酸素は同じ。

除菌に神経配っても、100%クリーンな部屋なんて日常生活を普通にしていたら

無理。それくらいの免疫があったほうがいいんだよ。

 

毎日シャワーが出来ないと気持ち悪い。

 

いや、明日大地震が来て、シャワーできなくなったらどうするの?

気持ち悪くて、パニックになるよ?

1週間くらいお風呂なんか入れなくても、平気ー。ってくらいの神経に

実験的にやってみ?と。(笑)

 

娘は、「無理!」って言うけれど、いつかこの私の言葉を思い出してくれたら

それでいいんだ。

 

私も若い頃は、完璧を目指して、実行していたんだから。

 

でもね、今思うと、完璧なんて存在しない。

全部、自己満足だったから。

 

娘が、今、風邪ひいて寝込んでるのと、声出なくなったのと、お風呂入れない状況にイライラで、雨降って、お洗濯出来ないとか、もう頭の中が

ひっちゃかめっちゃかだから、2週間前くらいに、これ言ったなーって思いだして

書いてみた(笑)

 

隔週で、風邪。

見たく無い娘のBFからの風邪に決まってるさ!いやーね。

でもね、ママンはこっそり思ってる。

 

一生、今の娘のBFには会う事は無いだろうって。

好きだって気持ちは、冷めるってママは密かに思ってるんだ〜。

 

娘の幸せを願わない親はいない。

だから、娘の今のBFは、長く付き合っていてほしくないし、結婚なんかしたら

娘が苦労するのは目にみえてるから。

 

でも、ママの作戦では、これは言わない(笑)

 

君は、ママよりきっと要領よく生きてく知恵を持ってる女性だって信じてるから。