読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚した女のその後の人生

今すぐ出て行ってよ!

他の方達のブログ、、、、見たいです。

時間の使い方か下手なのだと思います。

仕事が終わったらまっすぐ帰ってるのに。

昨日は、自宅に着いたら娘が少しの空き時間だったのでしょう。いました。

「出て行ってよ」と。

きっかけは何だとたかと言うと、とても理不尽でくだらない理由でした。

居候の身だから何も言えない立場ですが、
「わかったよ 出て行くわ!!」と言ってしまいました。

風邪で体調も悪く、全てが今は新しくて
慣れない環境で、心身共に私は疲れていて。

娘も、私が狭い空間にいる事がストレスになっている事もわかっています。

でも、行く所がないからおいでよと言ってくれたのは娘。
しかも、年内までと言ってみたり、
11月中だと言ってみたり。

どちらにしろ、引越し代なんか持ってない事は
わかってるはずです。
一カ月働かないとお給料は出ないのだから(・_・;

娘が出て行ったあと、涙が止まりませんでした。
自身の情けなさや、惨めな気持ち。
娘は、悪気がないと言う事もわかってるだけに、
消えてしまいたい気持ちでいっぱいになりました。

最初から、トランクルームを借りるか、
ホームレスになれば良かったのでは?
涙が出ても、悲しくても、娘にこれ以上迷惑をかけたくない。それだけ。

自殺をするのは簡単です。
ただ娘に迷惑がかかるだけ。

だから、自殺出来ないもどかしさ。

お金を貯めて居候から脱出するだけ。
神経がその時まで持つかな。

仕事も、研修とはいえ、
プレッシャーでいっぱいです。
出来る人は表彰され評価されます。
出来ない私は、
心で焦り泣きながら、オモテの顔は笑顔で
皆で拍手します。

変じゃない?
研修でプレッシャーを与える事は、人を成長させるでしょうか?

どこも企業は同じ。
プレッシャーと毎日戦うだけです。