"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレス日記)

独身女

いつもはPCを使ってブログを読んだり書いたりします。


今日は体が鉛みたく重い。
使い慣れないアプリでこれを書いています。

世の中には色々な性格の人がいて、それでいいとは思うのですが、、、

今の職場で研修中の講師の中でも中心人物の32歳女社員。

想像出来るでしょうが、心優しい女性でも暖かい人間でもありません。
ただ、男性には優しいです。
そして、アニメ声を出しながら自分の自慢をやたら研修内容に織り交ぜてきます。

32歳女独身。
彼氏無し。
1人で海外や国内旅行も行くのと、ビジュアル系?のライブに行くのと、お酒が好きなんだそうです。

いまだに、どの位置なのかわからない市から、
23区のど真ん中まで毎日通勤する親のすねかじりな方のようです。

私の主観だし、私の定規でしかないのかもしれませんが、
気持ち悪い方です。
仕事が出来ても、性格歪んでるとか気の毒。

若い男性の前では、急に声が変わり
私なんかは、嫌われてるみたいで
挨拶しても、何も返ってきません。

トイレで偶然一緒になったりすると、
鏡にはりつくように、メイク直しにチカラ入ってます。

私が32歳の時。
娘を連れて必死で離婚裁判の事、生活の事、
仕事の事、気が休まった日の思い出などありません。
頼る両親もなく。

色々な性格の持ち主がいるから、面白いなんて
だれが言い出したのでしょうね?!

明日、またあの32歳女社員に会ったらイヤミの1つでも聞いて、いかにも申し訳ありませんでした 
みたいな、顔をする私が生まれるわけです。

性格悪いのは私?