"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産申請中←今ココ)

はぃ??

やっとだった。

 

娘の家からスープの冷めない距離でねらっていたマンションの一室が空いたので

申込をする為に、免許証などの写真をメールに添付して申込を書いて

不動産やさんに送付した。

 

不動産やさんは、どこでも同じなのかもしれないけれど

私は、結構沢山の不動産やさんと連絡を取っていた。

その中でも、関西弁の人がいて、電話で話した時の対応から考えて、

その人を信用する事にした。

 

そして、やっと娘とまたいい関係がキープできるかも。

 

な、時に、申込できてないと判明。

 

「はい???」

 

頭真っ白。

 

怒る気力もうせた。

 

待って待って待っていた物件の一室だったからだ。

 

なんで、わざわざ空室が出た情報を私は、違う不動産やの関西弁だからという

理由で、教えてしまったのだろうか。

 

自分に腹がたつ。

 

その担当者から、いきなり連絡がぴたりとなくなった。

 

ありえないでしょ。

 

そして、娘とくだらない事でまた喧嘩。

何やってもうまくいかないし、前に進まない。

 

あぁ、もう疲れた。