読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚した女のその後の人生

飛び降りませんように。

娘の事ばっかり。

 

いつも頭の中に娘がいるのは、ごく当たり前の私の人生。

 

子離れできていないというよりも、子供にどこか依存しているのかな。

 

娘もそう。

 

私なら許されるという気持ちがどこかにいつもあるから、

ひどい言葉を言ったり、ひどい態度もとる。

 

さすがに、あぁあの言い方はママが傷ついてるだろうなって時に、

彼女からLINEが来たり。

 

二人とも頑固だから、「ごめん」が言えず。

 

早く独立した私の家を見つけて、又、引っ越しに向けて気持ちをあらたにしないと。

 

もう、本当に疲れてるんだ。本当は。

 

就職活動。

新しい生活環境。

転居。

新しい家探し。

 

こうやって文字にしたらたったの4行だ。

 

されど、この4行がしんどくて。

 

新しい仕事を、悪い頭で必死に覚えていかなくては、仕事にならない。

前へ進まないと。

何で、私こんな事が覚えられないんだろ?って思う。

 

私よりもずっと若い人がちゃんとできている仕事。

私は文系なのに、理系の仕事ばっかりしてる気がする。

 

新しい仕事はIT系で、もっと理数系の勉強しておくんだったなーって後悔してる。

 

正直、昭和なおばさんは、ついてけないよ。

 

それでも必死にのし上がっていかなくちゃいけないわけで。

明日から、また新しい研修が始まるんだ。

ここで、来週は毎日が試験。

その試験に突破していかないと、また1から。もしくはクビだろうな。

 

もう考えただけで、27Fから飛び降りたくなる。