"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産申請中←今ココ)

財産

「離婚」をした事で困った事が後の人生にあったか?無かったか?

 

「結婚」をした事で後に困った事があったか?無かったか?

 

いつの日か「離婚」をする事を前提で「結婚」をする人なんていないだろう。

 

でも、「結婚」がゴールじゃないように、

「離婚」もゴールじゃないって、私は思う。

人が生きていくうえで、結婚、離婚をする事は、勝ち負けでは無いと思う。

 

「結婚」して、子供が夫婦もいれば子供がいない夫婦もいるだろう。

 

私は、子供がいる夫婦だったわけで。

「離婚」で、何を大事にしようとしたか。

 

確かに「離婚」をする事に時間もエネルギーも使いはしたけれど。

負けたとも、勝ったとも、そこは言葉が違っていて、

2つしか無かった結果論だ。

 

子供にとってプラスになるかマイナスなのかは、その家庭によって

違うんだろうけど、これだけは絶対だって思える事がある。

 

両親のどちらかが困った顔になっている事、

悲しい顔をしている事、怒った態度になっている事、

それは、子供の立場になったら何よりも心が辛い時間だけだと思う。

 

夫婦は、他人だから。

どれだけ愛情を持っていても、憎しみあっても他人なのだ。

 

子供は、どちらの血も半分ずつ流れているわけで。

夫婦の内情はともかく、両親を裁く事など出来ないわけで。

 

夫婦のどちらかが距離をおきたいと思ったとしたら。

戸籍という日本独自のシステムで「離婚」を考えた時点で

同じ空間で一緒に生活をし続けるという事は、時間が解決してはくれないと思う。

 

何よりも大事な事は、夫婦の二人の気持ちがどうのこうのではなくて、

2人の間に生まれてきてくれた「子供」の気持ち。

 

何よりも1番大事にする事だと思う。

 

子供が何歳であろうと。女の子であろうと男の子であろうと。

子供は、どちらの味方にも本当はなりたくなんてないはず。

間に挟まれる立場になるのも、苦しいはず。

 

子供に、夫婦間の問題に巻き込んだりしたら「悲しい」思い出しか残らない。

 

結婚も離婚も容易ではない。

でも、子供の心身の成長は止まってはくれないのだよね。

他人である二人が結婚して離婚して。

そうこうしている間にも、子供はどんどん成長していて。

 

それ以外に大きな財産なんてある?この世に。

 

私はそう思う。

 

子供が心身健康に日々暮らしてくれて、笑顔になってくれる方法を

考えない親はいないだろう。

ただ、大事なのは

自分の事でいっぱいいっぱい過ぎて、子供を巻き込んでしまう事。

 

これから結婚をしようとする人。

これから、離婚を考えてみようかと思う人。

 

子供を一人で産み育てている人。

 

子供の笑顔以上に高価な財産は、地球上には無いって私は思うよ。