"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレス日記)

最期の顔

人をいつも見上げてる自分自身の人生を思い返してみる時がある。

 

子供の時からいつでもどんな時でも、他人が羨ましくて。

何で私はこんななの。って。

 

だからこそ、悲しい顔とか見せるのが嫌だった。

だから、見栄っぱりだったのだろうね。

 

いや、きっと今もそう。

 

でも、「身の丈」っていい言葉だなって最近少し思える。

他人を憎んだり、羨ましがったり、背伸びしたり

そんな時間は無駄に思えてきた。

 

もし、私に残された寿命が1ヶ月なら?

これまでの人生で殺してしまいたいと思った他人の事や、

一生許さないと思った人の事なんて考えている事よりも

私の最期の顔が笑っていてほしいなって思う。

 

私の場合、葬儀とかも無いわけだから

火葬場で焼かれる前に、綺麗に遺体をしてもらえるとは考え難い。

 

最期の苦しそうな表情を、直す葬儀屋さんの話を聞いた事がある。

 

それは、残された遺族の為。

 

死んだ事が無いからわからないけど、本人はどう思うのかな(笑)

 

いや、私の最期は苦しかったんだってば!!って思うのかな(笑)

 

遺族が、「まるで眠っているかのような穏やかな顔でした」と言えるように

葬儀屋さんがしてくれるって、有り難い話だけど、

それって、お金あっての事だから。

 

親族とか、親戚、家族がある人、会社務めしていた人、友人が山盛りいる人、

お葬式が盛大でなくても、身内だけであっても葬儀ってものがある人には

ありがたい話なんだろうね。

 

ママが死んだりしたら、私はどこにどう連絡したらいいのかとかわからないし、

火葬なんて、何をどうしたらいいのかなんてわからない。

自分が生きる意味もなくなってしまうだろうから、ママが死んだら

私も死ぬかもねって娘が時々言う事がある。

 

そして、私はいつもこう答える。

ママが、事故とか病気でいきなり死んだ時は、

自治体に無料で火葬してくれるのがあるから大丈夫!警察に連絡するか

病院に連絡するか。その時になったら、なるようになるから。

お金かかる事さえしなければ大丈夫!って笑って答える。

誰かが悲しんで飛んでくる事もないし、誰かに連絡しなくちゃいけない親戚も

無いんだから、楽だって思えばいいよって。

 

私の実の母も40代くらいの頃、「お母さんが死んだら、、、」の話を時々していたが

今も何回も手術や入院などを繰り返してはいるらしいけど、生きてるみたいだし。

連絡も取っていないし、会う事ももう一生ない母や父だけど。

 

私と、私の娘は、本当に2人だけだから娘は不安になる事もあるんだろうね。

私は、最近思ってる。

 

娘が50代くらいで更年期障害が出たりしたら、私は70代で。

あっちが痛いだの、しんどいだのって愚痴っていたら、

ママが40代の時に、しんどいしんどいって言ってた時、

大袈裟な〜って言ってたじゃん!って言ってやろうと密かに思ってる(笑)

 

いや、言うよ♪