"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレス日記)

同じようにしちゃダメだ

夜中に寝る習慣とお昼に起きる習慣が今週に入ってから始まってしまった。

こういうの、とにかく落ち込む。

ちゃんと夜は寝て、朝は起きる。

陽のひかりを感じる。

こんな簡単で大事な事くらいは、ちゃんとしよう。

 

私はもう元の不健康な暮らしはしたくないはずでしょ?

娘の言う、言い訳や理屈は、私に当てはめる必要も無い。

 

彼女は確かに心が疲れている。身体もかな。

だから精神的にも不安定なのもわかる。だからと言って

私が同じようにしちゃダメだ。

 

今日は娘がお仕事が休みだそうで。

だから何時間でも寝ていて良いと思うけど。

カーテンを開けると、外の陽のひかりが入ってきてそれが嫌でブランケットを

頭からかぶって寝てる。

 

小さな子供なら無理やりにでも起こすけど。

 

今ある私の荷物。

整理して、一旦レンタルトランクルームに預けようと決めた。

何ヶ月になるか?正直わからない。

家を借りる方向性もできればここまで待ったのだから、

娘の住むマンションの違うフロアが空けば、万々歳だが、昨日の時点では

空きが無い。

もはや、

近所レベルでいいのに、犬くんと住める所が無い。

 

空いてるのは、高級な所ばっかり。

私に毎月、20万円以上の家賃は無理だ。

安くてボロボロでも構わないのに。

そういう所だと犬くんが住めない。

仕事。うん、そう仕事も探さないとだからね。

 

娘がうんって言ってくれたら、もっと精神的にも余裕を持って

仕事を探し、家を探せるんだけどな。

 

いや、こういう事を娘のせいにしちゃけないよね。

 

本当、逃げ出してしまいたい。