読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚した女のその後の人生

悪徳賃貸仲介業者

そもそも。

賃貸の仲介業者が嘘をついたりしなければ、私は居候生活がここまで

長引く事なんてなかったんだ。

 

詐欺にひっかかる私が悪いんだけれどね。

 

suumoをはじめとして、アットホームなど。

「吊り」と呼ばれる物件が山ほど掲載されている。

1つの仲介業者だけを注意すれば良いわけではなくて、大元の会社から枝分かれしているグループ会社が大半だ。

 

ヒジョウに面倒なのが、物件を1つみるたびに仲介業者がどこのグループ会社なのか?を

確認しなくちゃいけない事。

賃貸物件を掲載するサイトでは、全部の空室の確認まではしない。

 

そもそも。

何で観る人がここまでして空室が本当か嘘かを調べなくてはいけないのか?

偽の情報を更新日を見て確認するも、堂々と偽情報の物件を新しい日付で更新している。

 

物件を見て。

どこが掲載しているのかをまず観る。

ある程度、私自身で詐欺仲介会社を把握出来たので、

そこのグループ会社が掲載している物件はそれ以上見ない事になった。

 

吊り物件を出してまで、営業したいのであれば

そんな「信用」を失うような事をしていれば結果的に営業成績とは

ならないだろうに。

 

昨年暮れに、摘発された仲介業者もあったと知ったが

私をいまだにカモのように騙し続けようと頑張っている仲介業者が懲りずに

メールを送ってくる。

電話番号をとっかえひっかえ変えて、かけてくる。

 

私の名前が仮に鈴木さんだとしよう。

宛先のメールアドレスは、1つも間違えずに私のメールアドレスで

宛名が「田中様」となっている。

勿論、私は田中でも鈴木でも無いのだが、

わざと間違えた名前にして、私のメールアドレスにメールを送ってくる。

 

「契約にあたり、メールアドレスの確認です。

至急、ご返信をお待ちしています。」

 

こんなメールが届くのだ。

 

あーこわっ!!