読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4錠のあと。

今朝、どうしても眠れなくてなぜか苦しかった。

再度、睡眠薬を4錠。

少しだけ眠れた。3時間半。熟睡したのかな。

 

起きても寝ていても辛いとしか言い方が頭に浮かばない。

 

私は甘えてる。

私なんかよりももっともっと大変な思いをして、苦しんでもがいてる人がいっぱい

この社会にはいるのに。

数時間、数分先の事すら、わからない戦地で頑張って生きようとしている人が

数え切れない程いるというのに。

 

私はダメな人間で親と呼んでもらえないような存在。

 

直近で働いていた職場で若い子に言われてた言葉を思い出す。

 

ネガティブな事を言ったらダメ。

なぜなら、それを聞く人がいるから。(聞く側が迷惑という意味)

 

あの時は、あぁ、そうか、そうだよね。

迷惑かかるし。そう思った。

「ネガティブな事言わなかったら、一緒にご飯食べようかなって思うけど

ネガな事いう人とごはん食べたくないでしょ。」

 

その言葉で、もう彼らとランチを一緒に食べたいとは思わなくなった。

 

この年齢になるとね、

ネガティブな言葉も、苦しいとか、助けてって事を言えるのは、

本当に限られた人で、尚且つ、信頼していますよっていう意味も含まれているんだ。

 

だけど、私も若い頃ならそうは思えなかった。だから彼らの言った言葉はわかる。

 

自分に、「辛い」「苦しい」

「助けて」

「こんな時どうすればいい?」

そう相談してくれたり、愚痴をこぼしてくれる人がいるってことは、

自分自身を信頼してくれているって事だ。

信用してくれているって事だ。

じゃなかったら、顔にも出さないし口にも発しない。

 

何なら、一緒に食事なんかしないよね。無駄な時間になるだけ。疲れるだけだから。

 

だけどね、

まだ20代の彼らの気持ちもすごく理解できる。

おばさんの愚痴やネガティブな言葉を聞いたら、風邪をひくよりもインフルエンザよりも不幸がうつりそう!そう思う事も理解できる。

 

いつか、彼かも家庭を持ったり子供を育てたり。

自分とはタイプの違う友人や職場の仲間達に出会っていくだろう。

老いがすぐそこまで来た時に、彼らは、一切自分の口から泣き言、愚痴ネガティブな

発想をしないだろうか?