"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産申請中←今ココ)

逃げ出せないんだね

1日がとても早く終わりました。

 

今日は、ここずっと続いていた頭痛も1回起きただけ。

だから、頭痛薬を1回飲んだだけ。

 

今の私にはなんかとっても誰かと話すってありがたい。

今、私の身に起きている事を、嘘偽りのなく話せるわけではなくても、

全然関係の無い話でも出来るって事が有難い。

 

発作的に、死んでしまいたいと思いつめてしまうほど、考えても考えても答えが

出ていない、今の私には、全く別の世界で全く別の暮らしをしている

何らしがらみの無い人達との会話をする時間に、救われる。

 

今日も、何とか私は生きてた。

 

本当は、こんなにお金を今は使っている場合では無いけれど、

発作的に自分の存在を消してしまいたいと思って、消えてしまう事を考えれば、

お金を使ってもいいのかもしれない。

 

明日のカプセルホテルの予約を取るか、取らないか、

ものすごく迷ったけど、段々、居場所にも慣れたので、

精神的な安定もいいわけに自分の中でして解決しようとして、明日もカプセルホテルに泊まる事にしようと思う。

 

予約が取れたから。

満室だったので、諦めていたんだけど。とっても良心的なカプセルホテルだと思う。

オープンして間もないからか、、、優しい対応をしてくれる。

 

昨夜は、私がもらったセキュリティカードに書いてあるルームのナンバーと、

違うルームに私は、入りこんでいた。

 

遅い時間に、予約していた人がきたら、閉まっていたので、

フロントへ言いに行ったらしい。そしてその方は、違うルームを使ったらしい。

 

今朝、私がチェックアウトしようとしたら、何度かフロントで見かけた

バイリンガルの女の人が、何を思ったか、、、英語で

 

「ごめんなさい?少しいくつか質問をしてもいいですか?

「あなたの使っていたルームはどこでしたか?

「んーと、ここ、、ここです。」と、カプセルの前まで戻って伝えたら、

 

私もその時、初めて気づいた。

 

「あ!!!違う番号のカプセルルームに入り込んでたんだ!?」

 

女の子が笑いながら、大丈夫大丈夫。実は、昨夜ね〜〜だったのよ」と

笑顔で話してくれてフロントでチェックアウト。

女の子が男性の社員さんかなー、わかんないけど、お部屋を管理してる人?

に、説明してくれた。

 

男性は、もう、、、まったく、、、な感じの顔だったけど。

 

何事も、私はこうやってボケてるんだな。きっと。

 

わざとじゃない、だけど私はどこへ行っても誰かに迷惑をかけてるんだなって思う。

 

今日は、チェックアウトしてから、まず何も決めていなかったので

マクドナルドの朝メニューのクーポンを使い、、、しっかり食べて。

 

そのあと、カプセルホテルで出会ったオーストラリアの女の子へメッセージを送ってみたら、一緒に行くというので、二人で1日観光したり、彼女が見たかったショップを

巡り。

 

24歳。元気。

当たり前だけど、私は疲れました。

だけど、その女の子も、夕食を一緒に食べていたら、

「眠い〜〜」と言ってた。

 

私は、まだ元気なのね。歩いて疲れて、眠いはずなのに、眠らず。眠れず。

 

正直な事を言えば、眠れないのは、

頭の中で、今後のことを考えてしまっていて100%忘れているわけじゃなくて。

切り替えが下手な私は、生き辛い。

 

頭が悪い、要領が悪い、生き辛い。

だけど、こんなギリギリの状態なのに、他人には優しくしている私は、

ただのバカな八方美人なだけなのかも。

 

「美人」では無いんだけどね。

 

帰りの電車で、線路内に人が落ちて、緊急ボタンが押されたため、点検しますと

アナウンスが流れた。

電車が止まって、、、、約20分くらい?

 

あぁ、、私がもし発作的に、線路に飛び降りたら、こんな風に

多くの人に迷惑がかかるんだな、、、自分と重ねてしまうなんて初めてだけど、、、

 

そう、ダメだ。

 

頭を切り替えなくちゃ。

 

私はどこで暮らして、どんな風に今後暮らしを立て直していくのか。

そして、最悪、自由気ままにいられるカプセルホテルではなく、

また誰かと険悪になったり、イジメにあったりする可能性もある

簡易宿泊所のような場所で何ヶ月も暮らさなくてはいけなくなるかもしれないけれど

勇気を出して、、、覚悟を決めて、

犬くんや娘の住む場所の限りなく近く、もしくは徒歩で行ける距離に

住むことを一旦目指して、、、スタートさせるほかにないのか。

 

そう思った。

 

弁護士に相談して、自己破産をしようと思ってる。

これが先決なのかもしれない、あとでもいいのかもしれない、

いや、先決か、、、いや、、、並行か、、、、

 

生活保護を受ける前が良いか、後が良いか、、並行したほうがいいか、、

 

自分は、今、自分の事だけを考えて、現実逃避している場合では無いと

気持ちを現実に再度もどして、明日は 今後も歩くために、自分のどこかの

スイッチを入れなくちゃ。