"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産申請中←今ココ)

クソな日本

自分の人生を恨む。
悪い事ばかりでは無かったかもしれない。
一生忘れる事のない、他人の暖かさにも触れる事だって経験できたと思う。

でも、ほぼ悪い事が起きてきた人生。
辛い事と戦ってきた疲れる人生。

私の人生はいつ終わるのかなんてわからないけど、疲れる人生はまだ続いてる。

この数日、本当にジェットコースターよりも激しく忙しい日々だった。
物理的な事もだけれど、精神的には10年くらいのエネルギーを使ったように感じる。

私は、今日娘と犬くんの住む家へ戻る事になった。
(これについては、改めて、なぜこうなったのかを書こうと思ってる。)

ただし安心出来てリラックスの出来る場所では無い。
気合を入れて、休む事なく頑張り続ける事。

昨日、区役所で生活保護申請の窓口へ再び行く事になった私は、とどめを刺すごとく
クソ最低な女の対応と言葉で、生活保護を受ける事を思いとどまった。

1日考えてみると言って区役所をあとにした。

出来れば、もうあんな場所へ行きたくは無いと思うような最悪な場所だね。

ホームレスの人がなぜ、ホームレスになってしまうのか?
疑問に思う人はいっぱいいると思う。

私は自分がこの経験をしていなくても、ホームレスの人に対して道で寝ている人に対して
特別視した事が無かった。

だけど今は違う。

私のように見た目からはわからない障害を持つ人や、明らかに精神に障害のある人。
そして、発達障害など生まれ持ってきた障害のある人達。

その人達の立場になって考えられるような国では無い。

日本は、平和だなんて誰が言ったのだろうね???


冗談じゃない!!

多摩川の河川にいるホームレスの人達に「やらせ」をさせた朝番組、「ビビット」だってそうだ。
日本の国は狂ってる。

誰がこんな国で平和に暮らせるというの??

一部の裕福な人達や、
富を得た人、
お金がなくても、家族の愛情をいっぱい受けてきた人達でしょう?

前向きに、生きられる人というのは、
愛情をいっぱい受けた人か、お金に苦労の無い人生でいる人だと私は思う。

私も含めて、
人を信じる事が出来ず、家族にも恵まれず、何らかの障害があったり、心を開く事の出来ない人達は
ずっとずっと生き辛いままの道を孤独に歩き続ける他にないのか??

私は、自分の人生に生きがいを持っていた頃は、頑張れたんだと思う。

でも今は?
今後は?

ホームレスの人を話題にしてお金を儲ける人は、地獄に落ちるさ。

生きる為に、誰かを利用しなくてはいけない人生なんて最低だし、生きる為に
自分を殺すなんて、死んだも同然。

誰かのために、メリットなんかなくても
自分の出来る事を精一杯、力になったり、手助けしたり、話を聞くだけでもいいと思う。

そして、自分に余裕の無い時だからこそ、誰かに優しくしたりする時間が大事なのだと思う。
他人だろうと、家族だろうと、優しく暖かい気持ちで言葉をかけたりする事のできる人は
いつなのかなんてわからないけど、自分がした事の数百倍になって素敵なプレゼントが届くと私は思う。

そして、
誰かの為に暖かい気持ちで接する事の出来ない人は、想像以上に心の狭い下らない人生を送っているのだと思う。
気の毒な人達なのだと思う。
メリットでしか行動出来ない人間は、所詮そんな人生だ。
幸せな人生を送っていないだろう。

脳の為の薬はあっても、
心のための薬なんか無い。

カプセルホテルで迎える朝は、今日で一旦終わり。

次にこんな時間になるとしたら?
その時が来ない事を願いたいけれど、
もしも、またこんな時間、日々になってしまったとしたら、きっとそれは又、受け入れて前へ進む事にしよう。

後ろが無いのだ。
立ち止まって、その場で足踏みをする時間、考える時間は大事なのかもしれないけれど、
後ろへ戻っても、良い思い出までもが悪い思い出に姿を変えてしまうかもしれない恐ろしさを
味わうのは、自分を今以上に否定してこれからの時間を生きなくてはいけない。

後ろを見る時間よりも目の前にあるものを大事にしよう。
私のような人生を送っている人がいたら、私の経験を活かしてきっと私は手を貸したくなるだろう。

私が安泰になったわけでは無い。
ホームレスには変わりは無い。
娘の家へ居候する事を私が選んだだけ。
娘もまた、ママという人を肯定したわけではなく、自分が最低な娘になる事に苦しい気持ちになっただけ。
目の前で頑張ろうとしてる人をほおっておけない娘なだけ。

私がエンジンを止めて、パーキングに入ったその瞬間にレッカーしてもらうように手配をするだろう。

人生に終わりがあるとしたら、脳が停止して、心臓の動きが止まった時だろう。