読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚した女のその後の人生

自己破産

苦しい。
もう本当に消えてしまいたい程、苦しい。
虚しい。寂しい。孤独だ。

今日は、自己破産の相談へ行く。
自業自得だけれど、もうこれで海外で暮らす事は出来なくなると思う。
クレジットカードが無い、クレジットヒストリーがブラックになるという事は
現金のみの暮らしになるわけで。

仮に、海外へ将来?行けて暮らす事になったとしても、この先クレジットカードを作る事は皆無だろう。

結婚して、名前が変わったり?
そんな事は限りなくゼロに等しいので、考えないとして。

お金は人を狂わせるよね。

お金がいっぱいあったらあったで狂うし。
貧困になっても人を狂わせるし。

全ての人がそうでは無いとしても、他人のお金の台所事情は表を歩いている人には
わからないものだ。

求人を見ていて思う。
この収入で、家族4人が暮らしているのか。
子供を育てる事も大変だと、一人で育ててきて痛感した。

「主婦」という事に抵抗のある女性が今の時代では多いけれど
私は古臭いのかもね。

夫や子供の為に美味しい食事を作ってみたり、家族の時間を大事にしたいタイプだ。

家の中でチマチマと家事をする事が好きなのは、この今の時代には合っていないと感じる。

収入の為に、女性も働くのだろうが、
私は、少し節約しても家族の為に尽くす事が好きだなんてやっぱり、今の時代に合っていないんだろうね。

自己破産と同時に、自己も崩れて壊れるんだろうな。