読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚した女のその後の人生

私の強みと弱み

悲しい。

来週に仕事の面接にまでこぎつける事になったのに、問題は山積みだ。

この状態で仕事ができるのか?正直なところ不安しかない。

心のどこかではわかってる。

私にはフルタイムでの仕事が出来る状態なのかどうか。

答えは書きたくないけれど頭の中では静止しない。
ずっとずっと繰り返し繰り返し考えてる。

怖い。

私の将来どころか、目の前すらちゃんと見えない。

意味もなく、面接を想定してみたり。
イメトレしても、現実は違うかもしれないのに。


地球から逃げ出してしまいたい気持ちだ。

地に足をつけて生きるという事が理解、想像出来ない。


私が来週、面接を受ける会社のCEOがこれまで言ってる言葉や文章を私になりに読んで理解してみた。


彼女は、30代前半。

面白い経歴だけれど、経営を考えていなければあそこまで大きくはならない。

文章や、言葉の中には、私のこれまでの生き方に共通するものがいくつかあったけれど
実際は??

恵まれた環境で生まれ育ち、今の彼女の立ち上げた器がどんどん大きくなろうとしている。

ベンチャー企業を立ち上げようとするパワーがあるのは、強みがあるからだ。と思ってる。

強みとは。


つまり、帰る場所のある人だ。


私は、思う。

私には、帰る場所も、捨てるものも、無くしてこまるものも何もない。

私の強みでも弱みでもあるんじゃないかな。