"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレス日記)

日雇い

3日ぶりにPCを開いた。

そして、3日ぶりの図書館。


「日雇い」という世界がどんなものなのか?

私の印象は3日で確かに変わった。


日雇いと言っても、その日に現金を手にして帰るわけでは無かったので実は今日は日給待ちだ。


そもそも、認めるのは悔しいけれど、
今の私、フルで働けるような心身共に状態で無い事は確かだ。


でも、週に数度の仕事を探すにしろ、家を探すにしろ、電話が止まってしまうと困る時代。

何しろ今の私は、好きな時に好きな食べ物が買えない。


いゃ? もっと言えばその日の3食が無いのだ。


"ひもじい"


ヒモジイって漢字あるのかな。(ま、いいのだそんな事は今)


"3日前"に行ったバイトは7時間勤務なのに、往復時間と拘束されている時間を考えると12時間は潰れてしまった。

"2日前"に行ったバイトは、8時間勤務だったが、12時間勤務となった。

(1H1000円のバイトなのに、今日振り込まれていた金額が11000円だったのは、なんでよ!!!)

そして、昨日

"3日め"に行ったバイトは、8H勤務。 
(以前私が働いた事のある会社が業務委託している仕事だった)




"ピッキング"って、誰が言い出したのか?知らないけど、ピックアップという言葉を英語ではよく日常的に使うが、

ピッキングって何なのさ!!!


※「紙」より重いものはありません

この言葉に引かれてバイトへ行ったものの、

確かに紙は1枚なら軽いけど、になってる物は重いとか書いとけよ!!


それはもう,,,,,,,,,,,,,,これまで一人でやってきたどの引っ越し作業よりも体が疲れた。



2日前に行った所で、"ハンディーフォーク"なるものを触った。



これは、なぜか私は面白くて自らやらせてもらった。


どんなものでも運転が好きだからか、何なら、ハンディじゃなくて乗って運転できるフォークリフトの免許でも欲しいな。


ハンディーフォークなるものは、言葉のとおりフォークのように荷台の間に差すところがあって、

それで調節して、自分の力は少しだけで移動が出来る。


エレベーターも、"倉庫"用のものだから、それはもう広い!!!


ぇぇ、ぇぇ、もうこのくらいしか他に感動する事はありませんでしたとも。


私がこれまでにしてきた仕事の中で、スマホの遠隔操作とテクニカルサポートのおかげで、

Apple製品には詳しかった事がラッキーだった。


出荷前にオプションでソフトをダウンロードしていたり、タブレットスマホの中にアプリを入れたりしているものに手を加えるような作業だった。


一緒にその場へ行った人達の中で、素早く出来たのは私だけだった。

同じ時給をもらっても、出来る人。出来ない人がいるのだ。


言い方を変えると、


仕事が出来なくても、時給発生。

仕事が出来ても、皆と同じ時給。



残念ながら私は座って出来る作業では無かった。


1日立ちっぱなしのお仕事って大変なんだなぁ、、、


私のように何をやらせてもパーフェクトに仕事をこなせない人間でも

"日雇い"なら無責任に"サヨナラー!!"が出来るのだ。


この仕事を若い時から今の年齢までしていたとしたら、今よりもダメ人間になっていただろう。


"無責任"とは言え、出来ればちゃんと仕事をこなして帰りたい。


1日目、2日目、3日め、どれもこなしたと思うので、また週明けからでも仕事が出来ていればいいな。

(つまり、誰でも出来る仕事だったと思う。)