"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産申請中←今ココ)

リアル

今又、図書館。

雨に濡れて寒い。


人間に捨てられた犬の感情ってこんなかな。


惨めで、寒くて、孤独で、途方もなく暗い気持ち。


暖かい笑いの中で家族でごはんを食べたり、暖かい空気に包まれたり包んだりしたいな。



今日は、朝からまた違う日雇い派遣会社の登録へ行き、その足で、精神科への診察に行った。


派遣の登録に行くと、

「少し思っていたのと印象が違うなと思った方は途中で説明会の途中で退席してもらって構いません」と。

えーっ!


本当に途中で退席していった人が数人。


まじか!!


ここまで来たのだから、登録だけでもしておこう。私は登録してきた。


最初に日雇い派遣会社に登録した会社と、どうやら系列?が同じ会社のようだった。


なんだかな、、、、。


仕事によって、日雇いだろうと派遣会社が違うのだね。




そこは「新宿」で。


日本の首都の中で「新宿」という場所には、多分日本中のあちこちから集まってきた人や外国人が歩いてる。


そぅ、そして今日はリアルに路上で寝泊まりしている"ホームレス"さん達の真横を何度か歩いた。


お風呂に入っていないので、臭う。そして、荷物がいっぱい。

何人か通過した時に、寝袋の人がいた。

寝袋の中にいるのか?いないのか???


きっと、身長が小さいのか?

うずくまっているのか?寒いだろうに、、、、心がちぎれそうな感情で横を通過した。



顔も出ていなかったし、生きていても死んでいてもわからない。




私がいつかそうなる??
考えただけで、恐ろしくなる。





今日は、以前に診察をしてもらっていた医師の診察にやっと入れた。

その医師は、私の娘の仕事のこと、一緒に暮らしていたよね?と覚えていてくれたこと。

そして、私にはカウンセリングとケースワーカー?が必要である事を教えてくれた。

精神科医と共に平行しながら面談をするというものらしい。


これまでの間、私が今日食べるもの、今日寝る場所、住む場所、仕事が見つからないこと。


その病院の医師でこういう案内をしてくれた人は一人もいなかった。



そして、今日の診察で

今の私は、毎週その医師が外来に来る時に会って話しましょうと言われた。


毎週!!!!


バイトをするとしたら、その日が1日つぶれてしまうやもしれない。


痛い、、、、


でも、生活保護を受給したり、アパートを借りるための道や、

医師が言ってくれたのは、私にはやはり簡易宿泊所で寝泊まりは病状が悪化する事を

医師から説明したいので、連絡をくださいと役所の担当の人に言うようにと言ってくれた。



人の冷たさも、温かさも紙一重だね。



今日の医師に、どうしても診察をしてもらいたいと思っていたのは、

怖いという感情が無かった事、ちゃんと話を聞いてくれる人だった記憶が残っていた事。


私には、今必要なのは、「人」だから。


「人」が怖い。「人」が恋しい。



新幹線の「新大阪」行きを見ると、涙が出る。


月曜には、法テラスへ行く予約を取ったので、自己破産の手続きも来週にはしようと思っている。


今日、0:00までにトランクルームへ行って最低限必要なものを取り出しておこうと思ってる。


雨な上に、スーツケースもない。


何をどうやって持ちだすかな。。。。。



ランクルームのお金、払えないわけで。


行くか、、、。