"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレス日記)

悪化

図書館。

風邪は悪化してますが、娘が風邪が治らず仕事へも行けずお金も足りなくなるかもしれないと焦っているのをみて

見兼ねるので少しは私が日雇いで得たお金を足しにしてねと伝えました。

家賃はワンルームマンションの中では安い所を選び暮らしている娘。

でも、私が居候するには大人2人が暮らせるスペースではありません。

イライラされても仕方が無いなっていうスペース。



私の感覚とは違うので、貧困になればたちまち鬱になってしまう娘。

私は、バカだからお財布に200円しか無い。30円しかない。
と、なってやっとどうやってお金を作ろうか?と思う事に慣れてしまった人生だ。


私を追い出そうとした娘だけれど、病気で体力が弱っている時はメンタル面でも気弱になるものです。

娘の為なら何をしても頑張れます。


頑張リ屋だから、仕事を休んでる事に罪悪感だらけで落ち込んでいるのも伝わってくる。





私は、今月の終わりか5月から一時的にシェルターへ行く事になるかと思います。


娘に簡単であっても食事を作ってあげる日もなくなってしまうでしょう。


犬くんのお世話を娘に半分はしてもらう事になるでしょう。


"家族"なのだから。