"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産申請中←今ココ)

50万円?!

www.asahi.com

関東エリアでも"埼玉県"での"普通の生活費"がこれだけは必要というデーター。


この表は、単身者のものでは無い。


一人で子供を育てている女性が、どんなに頑張ってもここまでという"年収"がある。



今の私はまるっきりの"単身者"だけれど、いったいどれだけ自分の収入が低いのか?を

思い知る。



つまり。


私は"普通"では無い生活をしているということでしょ!?


都内23区で暮らすと家賃や物価が高いのは明らかだけれど、私のように誰も助けてはくれない環境下にいる人間にとっては、

都会を離れたらもっと生きづらくなってしまう負の連鎖だ。



電車も、障害者であればとりあえずは都営は無料で利用ができる。


まっすぐ行けば20分もかからない所でも1時間程かかってしまってでも、都営を乗り継いで回り回って行く事が出来る。


私は喘息もあるので、この喘息の薬も手放せない。

都内では、喘息認定の人が無料で診察、お薬をもらう事ができる。


今は、この制度を新しく受け入れていないと聞いたので私はギリギリだったのかもしれない。



埼玉県は、都内に隣接していると言えばしているし都内で働く人が多く暮らしているはず。


子供を育てる人も23区ではなく、隣接県で暮らす人も多いのでは無いだろうか。


それでも、正直驚いた。


毎月の生活費が50万円は必要と。




私は、どれだけ貧困な暮らしを子供と送ってきたのだ??


毎月50万ってことは、夫妻が25万円ずつサラリーが無くてはダメってことでしょ。



それなりのキャリアがある人ならまだしも、ただの派遣などでの収入で手取り25万もらおうと思うと結構

専門的な分野で働いている人達だと思う。


"年収600万円"


それでも、子供を大学へ入れて卒業させるだけなのに「奨学金」の借金地獄が卒業と同時に始まる人が

大勢いるんだ。


仮に勉強もよく出来、公国立だけで卒業させたとしてもこの金額では足りないのだね。


どこか、遠い人の話のように思えてしまう。



シングルで子供を育てている人、育ててきた人にすれば、お金持ちの方々の"普通"でしょーが!

そう思えるのは、私だけ???