読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚した女のその後の人生

簡易宿泊所は税金の無駄使いだという認識を国も日本中の自治体もさっさとわかれよ!

www.asahi.com

ひつこいようだけれど、私がホームレスになっていなかったらこの記事にここまで注目しなかっただろうし、
目がいかなかったかもしれない。

そもそも、一般の暮らしをしている人達にとって、"簡易宿泊所"というものがどのような仕組みなのか?

どこにあるのか?どういう人が住む事になっているのか?

そこまで考える人がいるだろうか?

私も以前は、"簡易宿泊所"と、シェルターの違いについて理解していた訳では無かった。


必要性がなければ、誰も着目しないだろう。


今日のニュースでは、亡くなってしまった6人のうちの一人の方のお名前がわかったとのことで書かれてあった。

なぜ新聞やネットで、個人名を大きく載せるだろうか?

それは、被害にあった人がいなくなっても誰も気づかないし、親戚も家族も無いか、付き合いが一切ない人だから

"簡易宿泊所"に住んでおられたのだと思う。



ある意味、名前を出すのはご遺体の誰か引き取り手はいますか?とも取れる。


切なすぎる。


どうか、この社会から"簡易宿泊所"なるものがなくなりますように。


どの自治体も、本当に生活に困って家を失って職を失ってしまった人には、

堂々と生活保護を受給出来、人間が衣食住をしっかり賄える暮らしをすることが自立に繋がっていったり

人が人らしく暮らし、最期は孤独であっても亡くなっていけるのでは無いだろうか?


そもそも何で、"簡易宿泊所"

数ヶ月も暮らさないといけないのか?


なぜ必要の無い人までもが、"更生施設"

なるものをなぜ待たなくてはいけないのか?

全く理解は不可能だ!!


こんな日本の仕組みや、融通のきかないテキスト通りにしか動けない人間をどんどん作ってしまう日本の国の
将来を真面目に考えるべきでしょ!!


これこそが、無駄な税金の使い方だと

私は声を大にして言いたい!


都知事総理大臣"簡易宿泊所"の仕組みなど表向きのことしか知らないはずだ!!

この首都の中のどこにあるかも知らないでしょうに!!


困っている人間を助ける国ではなく、困っている人を切り捨てる国のお手本のような島国だ!!


日本人として、本当に情けない!!

内容は全然違うものだけれど、「日本死ね!!」と書いた一人のお母さんの勇気を褒め称えたいと思います!

どれほど、困っている日本人がこの島国で暮らしているのかを知るべきです!