読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚した女のその後の人生

ホームレスが区役所で働く時代が来た

mainichi.jp

そもそも、ミサイルが飛んできて戦争に巻き込まれてしまうかもしれないというこの今の日本で

同時並行に「オリンピック」の事なんか?ってホームレスは思うよ。


何十億円というお金を都はバンクしてあるって事。

財政難でも無いのに、大量の紙や封筒、切手代、印刷、人件費を使って 家が無い人にまでも

税金滞納はどうにかしろと督促状が届くのだからね。


これは、国民が支払う義務があるとは言え、ホームレスや生活保護を管理する権利があるという自治体が


個々の行方すら把握出来て無いじゃないかー!!と言いたい。


税金、払いたいです。

今日食べるものを買う為に、まともな職につきたい。


先週から、派遣だけれど「区役所」で働く事になった私は、


徹底的に、自治体を網羅しようと思ってる。



ホームレスの私が派遣とは言え、

容易に「区役所」という自治体で働き、

結構な責任の重い部署で働くのだから!!



「どこから通ってるの?」「何線?」と色々な人に聞かれるが、


「ホームレス」ですが?と本当は言ってみたい。



何なら、働く区役所で生活保護も申請してやりたいよね!!



あの区なら、難なく受けてくれるのかもしれない。


ホームレスで障害者で生活保護受給者が区役所で働く時代が来た(涙)