"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレス日記)

返事

明け方に娘から来たLINEメッセージ。


返事を書くかどうか迷っていて、答えが出ないまま夜になってしまっています。


明日からしばらくネット環境が無い可能性が大です。


このまま、喧嘩別れになってしまうのかもしれません。


これまでの毎日の日々を心配した様子の娘ではなく、

犬くんの事、これまでの事ばかりを書いてあるように私は思いました。


受け取りようによっては、

ママが会いたいだろうから、時々会いに来てあげていいよと。

だけど一緒に生活をするのは無理だと。

要点はそれだけでした。

私自身は、

犬くんにとって、どちらか片方が欠けても、今の犬くんにとっては凄くストレスだから、

犬くんのためにも、もう少しだけの猶予をほしいと言う想いが私にはありました。


もう目の前までアパートを借りれるところにあっただけに、それを待たずして

娘は判決文を読み上げるかのような文章だった事に、私の本音を言えば

「酷い」とか「残酷」

そんな言葉が頭に浮かびました。



いつ亡くなってもおかしく無い、犬くんのために、なぜ数ヶ月が我慢出来ないか?

何なら、あと1ヶ月レベルだったというのに。


そもそも、ホームレスになったのも、私に貯金が無かったからだと言う彼女の言葉は

心ないなって思いました。

なぜなら、この半年間、私が娘や犬くんのために1円もお金を使ってはいなかったか?という点。


彼女は、そういう事を考えるのが難しいのです。



富裕層の50代の親と対等に私を比較したいのでしょう。


定職についていなく、障害があり、貯金もなく、家が決まらない、


そんな親にうんざりしてると。


えぇ、そうでしょうね。

当人が一番うんざりしていますから。


これまで、私はこんな母親ですが一生懸命、一人で考え一人で行動し、娘を育ててきたつもりでした。


何かを決断し、子供を連れて行動してきた自分を褒めたいくらいです。

だけど、娘にとってそれら全てが否定的な感情だけのようです。


もう過去に戻れないのだから、これからを楽しく生きたい、そう願う事が娘は許せないのです。


安定、安定、言葉を発すると、安定した暮らしをする事が良い。


彼女は実際、安定した25歳なのでしょうか?


安定なんかしていません。


私が25歳の時はもう母親でした。

最低最悪な夫やその周囲の家族に虐げられ、暴力と暴言の中でも

娘を必死で笑顔で守ってきたつもりでした。



一人で育てると決めた事は、確かに経済的に不安定で、安定した暮らしではありませんでした。

だけど、私が何よりも欲しかった「愛情」を精一杯注ごうと、寂しい想いだけはさせまいと思いました。


彼女が家に帰ってきて、私がいる事。

それが何よりも大事だと信じてしまいました。



娘は、私が離婚をした事、貧困だった事、今こうしてホームレスになってしまうほど、

仕事が見つからず、家を借りれない状況、その事に、一般的な50歳代の母親像と比較しているのでしょう。



彼女の幼馴染は皆、裕福な家庭の子ばかりです。


その子達の親は私よりも年上で、しっかりとお金もあり、家もあり、という親御さんばかりなのです。


自分を比較して、自分の母親を比較して、

そして、悲しんでるのです。


娘に、何て返事をして良いか、もうわかりません。


犬くんに会えるとも思えません。

なにしろ、娘は私をホームレスにしているのに、時々会いに来ていいよという提案は、おかしいだろ。


だけど、今どういう状況になっているのか、彼女は想像が出来ないのでしょう。

当たり前だけど、彼女はそういう状況になった事が無いから。



彼女が家を失った時、私は勿論守りました。

嫌味一つ言った事はありません。


体調を壊して約1ヶ月寝込んでしまった時も、私は彼女の家で食事を作り、家事をし、家賃を助けました。

居候してたのだから、それは当然だと思ってそうしました。

おかげで、私が娘の家から出るタイミングがずれました。


無職だった私が、やっとの思いでみつけ働く事が出来て、わずかながらもお金を手にする事が出来たのです。

そのお金を全部渡したのです。


半年間も待ったけど、ママは実行もできず、行動力がないと書いていました。


口だけの人だから信用は出来ないと。



犬くんの事が無かったら、半年も滞在はしなかったでしょう。

だけど、それを今、これ以上、娘と言いあいになっても、いい解決策はなく

娘の決めたとおりしなかったら、娘はうんといいません。 



外で死んでいたかもしれないのに。


娘は、これまではママを母親というフィルターにかけて見ていたけれど、

今は、それが出来ず、一人の女性として見てしまうと。

その事について、自分の母親にがっかりさせられてばかりで、自分の中で

自分の母親を母親として見れない事について葛藤して自分は苦しんでいたと書いてありました。


それは、25歳の女の子にとって、ごく自然な流れだと思います。

だけど、彼女は変なところで真面目というか、純粋なので、

その事が、思う事がいけないのだと思い込んでいるのでしょう。


どこの家庭の25歳、26歳の娘だって、多かれ少なかれ、同性の母親に対して、厳しく同じ女性として

みる事はあると思います。


娘曰く、これ以上ママと一緒にいると自分が辛い想いをするだけだ、そして、ママも辛いと。



幼稚なのでしょう。私の育てた娘は。


自慢の娘であり、最悪の事態です。


だけど、私はもうとっくに子離れしているので、

犬くんの事しか考えていませんでした。


バカな親子ですよね。全く。


明日から、いやでも私は娘と会えません。


そして、何よりも考えるだけで、毎日、どこへいても涙が出る犬くんの事。


犬くんは、これから暑い夏を娘の家で過ごすと考えただけで、ぞっとします。

娘はエアコンをあまり使わないのです。

心臓の悪いしかも、毛皮を着てる犬くんにとって、暑さは大敵です。


娘にそれは理解出来ないのです。


27度が最適だと、以前の病院で言われた時から、

それが適温だと思い込んでいるので、もうその呪縛からは逃れられません。


真冬の27度と、真夏の27度は違います。


娘は、そういう事が頑固でへそ曲がりで意固地です。


真面目な分、融通がききません。


犬くんの事を考えると、生きた心地がしません。


毎日、祈る想いです。


私が、アパートを借りれたとしても、犬がすめる家に転居するのはまだ先になってしまうと思います。


でも、どうしても私は最期を看取ってあげたい。


その想いはまだ諦めがつきません。


毎日、お天気を見るのは、犬くんの大好きなお散歩の事があったから。


犬くんの好きな食べ物を使って、お料理を作るのも大好きです。


今は、それすら出来ない。


ポストに、病院代の助けになってもらいたいと思って、娘のマンションの宅配ボックス

何度かお金を入れておきました。


ちゃんと病院へ行ってるか?お金が無かったら、しょうがない。行けなくても。


そんな事を言いそうだから。


そろそろ、犬くんのお薬もなくなる頃です。


お金は足りてるだろうか。


娘は自分の生活でもギリギリで、むしろ足りないくらいです。


犬くんにどれだけお金がかかるのか、今実感しているかもしれません。


トイレシートは、私からネットで購入して送りつけました。


今の私にはそれくらいしか出来ないのです。




「犬くんを面倒みてくれて、ありがとうね。」


そんな言葉を同じ家族なのに言うべきですか???


半年間、毎日では無かったとしても、居候させてくれて、ありがとう。感謝しています。


そう言うべきでしょうか。


家族、親しき中にも礼儀あり。

そりゃそうですね。


だけど、犬くんは、娘にとっても家族です。


私を居候させてくれた事に関しては、感謝するべきなのでしょう。


だけど、その間、私が娘の具合が悪い時にはお金も使い、気も使い、お世話した事を

忘れては無い??


親だから当たり前と言われた私は、そこはそうなの???



やっぱり、返事は今はやめよう。


犬くんを捨てたいわけじゃないと言う事は伝えたけど、娘は

時々なら会いに来ていいよ と、書いておけば、

最悪、あなたが殺したと言われたくない という気持ちからそう書いたように思う。


悲しい、ママがこんなで、悲しい、 と、そればかり書いてあった。

怒ってばかりの娘が、悲しい??


私を肯定した事など無い。


誰かと何かあっても、必ず他人の味方になる娘だ。


一度だって、私の愚痴レベルですら、そうだよね、その気持ちはわかると言ってくれた事など無い。


いつだって、どんな時だって私が悪いで終わる。


娘に、愚痴は言えない。

そして、他人との関わりを言えなくなってしまった。


私とは他人だと思いたいなら、それもありき。


私はもうさみしくない。

なぜなら、娘がもう大人に成長したし、自力で生きていけるだろうから。


いつか、彼女が50歳になったら少しでもわかるかもしれない。


娘は、優しい子だと信じてる。

実際、優しいのだから。

ただ、彼女も葛藤してる事はわかる。


自分がママにひどい事をしてると。

だけど、自分の気持ちが優先してしまっている事、犬くんを悲しませている事、

わかってるのだと思う。


しばらく、誰かとコンタクトを取れない環境になってしまうけれど、

犬くんが、どうか私に再び会えるという事を叶えてください。

神様、お願いです。

広告を非表示にする