"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレス日記)

違う

憧れの「グローバル人材」になってみたらケツの毛までむしられた - トイアンナのぐだぐだ

イギリスの福祉は手厚いと聞いた事がありました。ただ先日の高層マンションの火災で貧困や福祉について少しは日本でも報道があったのを観て興味を持ち始めたばかりでした。私もイギリスでホームレスになっていたら?

2017/06/17 17:38

イギリスの福祉は手厚いと聞いた事がありました。ただ先日の高層マンションの火災で貧困や福祉について少しは日本でも報道があったのを観て興味を持ち始めたばかりでした。私もイギリスでホームレスになっていたら? - ecoplace のコメント / はてなブックマーク

うろちょろしていたら、こんな文章を見つけてきた。

思わずコメントを残したので、私の健忘録に残したいと思う。


ロンドンではホームレスに住む場所を提供!?


これすごくない???


いや、今すぐ日本のホームレスさん(私も含めて)全員で力をあわせてでも、ロンドンへ行きたいものだ!!


まだ、ちらっとしか読んでいないので、このあとロンドンだけでなく、(イギリス全土)のホームレスさんについて

調べてみようと思う。


私は、カナダで暮らしていた時に、カナダの中でもかなり寒い場所で暮らしていたので

夜だけは、ホームレスさんの為に室内を提供してくれるという制度がある事だけは知っていた。


なので、昼間になるとホームレスさんは猛吹雪の中でもどこかへ行くほかないのだ。


ただ、私が暮らしていた場所のダウンタウンへ行くと、ビルとビルを繋ぐ通路が必ずあり、外を歩くという必要が無いように

街がなっていたんだ。


年々、温暖化でその場所では、雪の日が減ってはいると聞いているが、

私が暮らしていた時には、7,8月以外は、ずっと雪。

そして、雪が降らない日でも、道には雪が積もっている状態の中で暮らしていた。



勿論、車が無いと生活がスムーズに出来ない。


バスも街中を走っている電車もあったけれど、時間どおりには来ないのが当たり前で

通勤に使う事は、結構なリスクを覚悟で使う。


車も、夜は凍ってしまうので、車体と駐車場にある物凄く太いバッテリーを差し込んで夜間は繋いで置く事が必須。


カナダのホームレスさんの事しかわからないけど、

イギリスがホームレスさんに対しての対応に、思わず興味を持ってしまうブログの内容でした。


私がホームレスの経験をしていなかったら?ロンドンだろうが、火星だろうが、そこに目がいかなかったかもしれない。




日本の国や自治体からのホームレスさんへの対応は、人としての扱いとは思えない!絶対に思えない!!


ゴミをどこに置くか?どこへ捨てるか?

そんな気持ちにしかならなかった。

実際に、経験した人でなかったらこれは理解しづらいだろう。


こんなに小さい島国の日本は、よそ者を排除しいつの時代になっても、門を開く事は無い。


臭いものには蓋。

こんなことわざがある事自体、日本そのものを表現してるよね??

広告を非表示にする