"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレス日記)

ルール

今朝起きて、犬くんのお散歩へ行って娘の家へ戻ってから。


私は久しぶりに二度寝なのかお昼寝になるのか?2時間弱眠ってしまった。


その間に、娘がキッチンで何かを作っていたのか?

私が床から起き上がろうとすると、娘の話し方は明らかに怒っていた。凹


友人との3人での話し合いの時に、お互いの生活に干渉しない。


これは、守られていると言えば守られているけれど、


今日のようにうっかり眠ってしまったせいで、娘に不愉快な気分を与えてしまったのだろう。



彼女は働いて、今の家にいるわけで。

私が今、仕事へ行っていない事、娘の家の床で眠ってしまった事。


いい気分にはならないよね。


友人が決めたルールを守れるなら、私が転居するまでの間は、居候を許可すると言ったのに、


私がそのルールを守っていないと娘は言いたいのだろう。



〚ルールについて〛

● 生活を干渉しない
● 意見を言うのは必ず一呼吸置く
● お互いの物は、基本的には使わない。借りるときも必ず了承を得てから
● してあげるとおもうならしてはいけない
● お金の授受はしない。
● 犬くんにかかるおかねは、一緒に生活する期間に限り、すべて折半。そして、必ず互
いに相談、報告。
● 一緒にすんでいる間の、光熱費、家賃に関しては、必ず記録しておく。今すぐは支払え
ない。
● もめ事が起こったら、自分達だけで解決しようと思わないこと。


簡単なようで、難しい。


娘の意識の中で、干渉しない=会話しないなのだ。



意見を言う時は、一呼吸。=LINEに書け。



今日は、私が居候先の娘の家から出ていけと言われた翌日に、犬くんの為に使ってと書いて

娘の家の宅配ボックスにお金を入れた封筒が、ゴミとゴミに挟まっているように


無造作に置かれてあったのを、今回見つけて、私はその封筒からお金を出して

次回に、犬くんの病院へ行く時に使ってもらいたかった。



お金のやり取りはしてはいけないルール。

娘からLINEが来た。


お金を戻してほしいと。


娘の中で自分は関係ないと思っているルールなどはもう消えてる様子。


何か作って毎回食べたら光熱費も多くなるだろうと思い、私は昨日、パンなどを買い置きした。


そのパンを食べていた事が娘には気にいらなかった様子。



娘は、私の食費が以前から気にいらないのだ。


贅沢をしているわけでは無いが、


ストレスをどこにもぶつけられずに過食になったり拒食になったりを繰り返す。



残念ながら、今日で3日めだが、娘の家に居候を再開させてからの楽しみは


犬くんと一緒にいる時間だけ。



娘がいない間に、過食になっている。


当然、友人が生きるを繋ぐためのお金と送ってくれたお金は、なくなってきてる。


お腹が減っているわけでは無い。


そして、相変わらず味がわからない、味覚障害も治りかけていた?のにまた始まってしまった。




犬くんと一緒にいられるなら。


何を言われても、何をされても、耐えるさ。


一生続くわけじゃないのだから。


私の家が出来て、犬くんとまた元の暮らしに戻れたら、私の好きな時に好きなものを食べて、

犬くんと沢山遠慮なく会話していたい。