"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレス日記)

いつまで昔を引きずるの??

職場に手に負えないおばあさん(推定65歳以上の方)がいらっしゃいます。

今日は、その女性の事も含めて私の想いを書き残したい。


その女性の口癖はいっぱいある。


とにかく、やたらと「昔」という言葉が登場する。


昔ってどのくらい昔?って聞かれると、「私が20代の頃」と大抵は帰ってくる。



つまり・・・・・


最低でも40年以上も前の話なのだ。



そして、全ての話は大げさで限りなく作り話に近い。


段々、ツジツマが合わなくなってくると違う話を始める。




悪気があっての作り話で無いにしても、聞いている人達の気持ちとしては頑張って昔の話をしているのだからという

気持ちでただ黙って聞いてあげる。



「今」を生きているはずの人が、「昔」の話をするってどうなの??


どんな気持ちなのかな。


私にだって、話の流れで自身の昔の話をしてしまうところがある。

でも、いつまでもその話を持ち続ける事は無い。

何しろ、「今」ここにいるのだから。


最近、その女性が仕事をしている後ろの背中を観ていて涙が出た。

心なしか、仕事をする手が小刻みに震えている事がある。(お年寄りに時々見かける事があるでしょう?)

そして、仕事のミスの連続で結局は私や他の人がやり直すタイムロス。


もしも、この女性が「ごめんね、私が仕事が出来ないからこんな迷惑をかけて」と言えば

きっと誰一人として、嫌な顔をせず代わってくれたはずだ。


でも、この女性はとんでもなく?プライドが高い。

ただの頑固おばあさんだ。




仕事のミスを指摘されると、
「私は絶対に間違えてない!間違えっこないのよ!私は一生懸命やってるんだもん!」と怒り出す。


絶句する事もあるし、なだめる事もある。


そして、何とかこの女性が職場で気持ちよく仕事が出来ないか?を考え、色々な方法を作りトライしてもらっているが

それでも出来ない。

難しい仕事はその方はしていない。

それでも、出来ないのだ。

何よりも誰かの指摘に耳を貸さない。


もはや、救われない。


その女性は今の仕事はあと半月程で任期満了で終了となる。

今後、仕事をしなくても生活が出来るのか?と言えば、出来ないそうで。


ならば、この先何か仕事が見つかるようにと、助言しても、さっぱり耳を貸さない。


先日は、私が思い余って、見かねて、ある方法を提案してみたが、「自分はこういうやり方で生きてきたから!」と怒られてしまった。


「私を陥れようとしてる!」と言われた時には、流石に恐ろしくなってしまった。


コピーもどれだけ頑張っても5分で済むようなものでも、2時間はかかってしまう有様。


その女性がコピー機を使っている間、誰も使えないのだ。


正直、周囲も困っている。

そこで、自分の為に迷惑がかかっていると気づくような人であれば、救いもあったのだけれど、

自分は誰にも迷惑をかけていないと勘違いしているのだ。

一つの仕事を一生懸命している様子は伝わってくるが、その間、周囲が一切見えなくなってしまうのだ。


残念だが、老人性の問題でも、性格の問題でも無いように見受けられる。


何らかの「発達障害」だと思われる。


場の空気が読めない。

少しでも順序が変わったりするとパニックになる。

手が小刻みに震えてる。

食事中でも仕事中でも、大声。


ここで上げると、キリがない。


どうしたものか・・・・



私ね、思うのだけれど、


「昔」にとらわれている人は、いつまでたっても「今」

周囲は見えないまま、お年を重ねてしまい、やがては、

「自分自身」が見えなくなってしまうのでは無いか?と思うんだ。




自分では、「今」に立っている気持ちであっても、行動や言動は「昔」のまんまでいる人は、

自分は、最も普通で、常識的で、周囲に迷惑などかけていなくて、

言動も正しいと思っているのでは無いだろうか?


「昔」の話をいったいいつまでするのだろうか???

やがては、大げさな話になっていくだろう。

周囲の反応が嬉しくて。


そのうち、もっともっとと自分の中のスイッチが入っていて、嘘に限りなく近い大げさな「昔話」となっていくのかもしれないね?


他人の昔の話。

特に暗い過去や辛い経験話は、面白く耳を傾けてもらえるかもしれない。

でも、いつか他人は去っていくと思います。

仕事(お金を頂くという事)は、遊びに行っているわけじゃないと頭のどこかに置いていれば

良い意味で楽しんで仕事が出来ると思う。


他人の辛い過去話、昔話は、聞いている方は決して幸せな気持ちになりません。


どう言えば、ああいう方に伝えられるでしょうかね。


「他人の振り見て、我がふり直せ」



良い言葉だと思います。