"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産申請中←今ココ)

現実逃避から生まれた想い

女性であり続ける事について。

プライベートではちっとも楽しい事も起きないので、"TVにかじりつく"とは

この事なのか?よくわからないけれど、"現実逃避"したいばかりに

TVで気を紛らわす時間がとうとう7日続いてしまった。



そんなTV生活の中、

絶えず頭から離れない事は、アメリカ大統領のトランプさんの発言。


国内や日本も含め諸外国からも彼の発言には賛否両論ある。


正直な気持ちを言えば、私の場合、客観的に聴いたり観れない部分がある。



理由はとても素朴で、

今から1年くらい前まで、恋愛相手が"US Navy"の人だったという事からだ。



彼は、私よりも15歳年下だった。(えぇ、えぇ、この時点でもう賛否両論以前の問題が山積みよね)

いい年して恋愛に飲み込まれ、それでも最終的に別れを決めたのは私だった。



憎み合って別れたわけでは無かった彼とは今でも時々連絡を取る。(と言ってもLINEかFBメッセンジャーだけ)

勿論、今後彼には幸せになってもらいたいと心から願っている。



実は3年程の恋愛中の間、彼の仕事の事について2人の話題の中に出た事が無い。

ただ、大事な人がいつも危険の中にいるという気持ちは頭から離れた事が無かった(無い。)


1度海に出て行けば、長い時には陸へは3ヶ月程は戻ってこない。

更に、どこにいるのか何をしているのかすらわからない事が通常だった。

彼は、正式な家族では無い私に言えるギリギリの事をクイズのように伝えてくれていた。でも、

私にとってはどこで何をしているかよりも、無事に戻ってきて。それだけが頭に絶えずあった。



誰もが知っているように、今問題のグアムもアメリカで、トランプ大統領の発言は無視出来ない。

日本がターゲットになってもおかしくはない距離感。

日本の島にあるアメリカの土地や住むアメリカ人達。



グアムへ飛ばす(かもしれない)核ミサイルが

日本の島の途中でポロポロ落ちたと、笑えない恐怖が本当はもっともっと現実味があったり、

危機感があってもおかしくないのだけれど、日本の国の対応は各自治体での対応に頼る他無い様子。



話が脱線しすぎた(焦)


そう、私はこの1週間の間に心にあったNavyの彼の事を静かに考えていた。

そうしたら、ふと思ったんだ。


彼を別れる事を自分で決断した時に、もう女性である事は忘れようと思った事をも思い出した。

あれからたった1年。


私が自分の事を自分で管理出来ない事をフォローしてくれるような人に、

もしも、私が死ぬまでに出会えたとしたら、それは人生のパートナーになるという方法もありなのかなと。


ただ、今は、恋愛どころか、日々の暮らしですら、まともに出来ないわけで・・・・



海を観る事を無意識に自分を遠ざけていたというのに、

私は先月からたどり着いた場所の建物の真裏にある運河からは海の匂いが漂ってくるような場所に

皮肉にもたどり着いている。



フナムシ(本当の呼び方は知らないのだけれど・・・)を


今の辿り着いた場所のすぐ前の道や、歩いてる時に見かける事があるんだ。


気持ち悪いんだけど、頭の中では海を連想してる。


時々アスファルトの上に海砂があったりするので、フナムシがいてもおかしくはないんだよね。


(何でアスファルトの上に海砂があるのか?正直不思議なんだけどね。)




そぅ、US Navyの元恋人が "第3次世界大戦が始まる"と言ってから約1年。


笑いながらの返事になったままだったけれど、何となく彼の言った事に近くなっているようで悲しい。


Navyの人達は全てがそうでは無いだろうけれど、自分の仕事に誇りを持っていながらも葛藤していると感じていた。

自分と同じ仕事をしている仲間が命を落としたり、戦う、守る、という事について。



例えが悪いけれど、


一般的な会社員が、上司の言いなりや同僚からの言葉が辛く、仕事が思うようにいかず、


鬱になってしまい仕事を休むという苦しさや重みの


数百倍の重さを24時間365日の間、絶えず抱えながら働いているのだと


いつも笑顔で私と過ごしてくれた彼から感じた事が何度もあった。




「リタイアしたら私と毎日笑って何でもない平和な生活を過ごしたい」と言ってくれていた。


彼らにとって平凡な暮らしがどれだけ大事なのか?を私に教えてくれたように感じる。



戦争が始まったりして、

何も知らないで(あろう)北朝鮮で暮らす子供や力の無い人達が犠牲者にならない事を願う。




アメリカも、トランプさんが戦うわけでは無い。

ミリタリーの人達にとって大統領の命令は「絶対」だ。

何が善で悪なのか?人によって考え方が違うわけで、私自身は今も答えが出ない。



安易に、「戦争は駄目」で片付かない奥深い根深い問題が沢山あると思うから。



個人的な想いは、僅かな時間であったとしても、大事な人がアメリカにいたわけで。


辛い思いや時間を過ごさない事を願う。



明日からまた「現実」がくる。(であろう)

家から出る事すらも鬱な私にとって、1つずつ勧めていこうと思うにあたって、

その"1つずつ"の優先順位すら、頭の中で整理が出来ない事に凹む。