"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産申請中←今ココ)

しっかりしなさい

電気代が支払い期限を7日も過ぎているが払えない。

朝から電力会社に電話をした。

あと3日待ってもらって今月30日に支払うことを約束した。


ホームレスだった時の頃を考えれば家の中の電気が使えない事は


私独りならそのままだったかもしれない?!(いやダメなんだけどね)


今は、有り難いことに

犬くんが24時間滞在してくれているこの小さな家で

電気が無い=寒い、暗いは、ありえないってわかってる。



かと言って私が贅沢をしているわけでは無いような。



美容院などへはかれこれ2年以上行っていない。


服や靴など買うわけもなく、


レストランで食事をしているわけでも。


あっ!!そうだ!

たまに行くタリーズの贅沢がいけないのかもしれない!!




「食」は朝は無し。昼夜は

ほぼ毎日1個40円弱のラーメンでと65円のすっぱムーチョになってしまい。


いや、なってしまうのは犬くんのせいでは無い。


仕事を終えて帰宅したら疲れ切っていて何も出来ないだけ。




家賃だけはこの居場所を失う事だけは避けなくてはいけないわけで

支払えるように頑張ってる。(当たり前だけれど)


何より高価なのが

犬くんのお薬代と診察代。

きっとこれは最優先。


案の定、

光熱費はギリギリまで伸ばし伸ばしになってしまう。


転職を余儀なくされている事は頭ではわかってるんだ。




今の職場に入って半年。

若い人も同年代も含めて、1週間でやめて行く職場環境の中、

奇跡的だと言われて、イイ気になっているのかもだね私は。



お金の面を考えなければ、

色々な人と話が出来たり、

誰かの役にたてる事が嬉しくてたまらない仕事だ。


でも、

わかってるんだ。


誰かの役にたてて心身共にキツイ仕事は

大抵、給与は少ない。



これはもう、日本の国自体の意識レベルの話になってしまうのでやめよう。




幸福度の低い日本の国を責めても、しょうがない。

私は今ここにいるのだから。

ここで幸せだと感じられるように

ささやかな事でも純粋に感謝出来る自分にも驚いてる。


そこを観る事に意味があるわけで。



多分、日本の中でも物価の高い東京都で暮らしている事自体が

間違ってる。

だけど、今更・・・・だ。



今以上に節約はきっと出来るんだ。



お金の事を考えるといつも堂々巡り。

「食」も大事だけれど、不健康なのは

お金の不安と心配ばかりしている事だと思うんだ。



「お金」の為に働いている自分について

時間の無駄遣いをしているような気がしてならない。



当然だけれどどんな人でも

生きるためにお金は必要だ。


これはどこで暮らしていようが同じ。

ただ、

「自分の為に仕事をしてみたいっ!」て思ってる事を

ここ日本で言ったら

適当で、ぐうたらな悪人だという目で観られる事は間違いない。



本当は自分に残された時間を自分の為に使いたいくせに、

他人の目をいつだって気にしているんだ。きっとね。



何度かブログに書いたと思うけれど、

私には絶対に諦めきれない夢がある。



自分の最期をこの日本で終わらせたくない。

誰かの真似とかじゃなく、

自分の想う人生を誰にも遠慮なく

誰の為でもなく、

自分の為に残された時間を使ってみたいんだ。


そして、

行動を起こす事がどれ程、難しく、簡単かも想像は出来る。


私が生まれてきた事を全否定しかされたことの無い家族から

私は時間も距離も全ての悪縁を切って

私の余生を送るというのが夢。


そこには、「本当の自分の純粋な笑顔」しか想像は出来ない。


夢に向かうには

目標という段差があって、それを1歩ずつ上がる他ない。


いつか、そんな自分を眺めてみたいんだ。



自分が本当の意味で笑顔になれた時、

誰かの為に、何かの力になれるような

そんな素敵な人生を過ごしている自分が

楽しみで仕方がない。



覚悟していなくてはいけないのが、

私の愛する家族である犬くんが天国へ旅立ってしまった時の事。


天涯孤独で絶望的になって悲観して後追いしてしまうような

事にだけはならないようにするという事。



自分のこれからの残された人生を

どう生きるのかを

今一緒に暮らしてくれている

犬くんに毎日伝えられたらな。



今で15年弱の間、いつもいつも家族の間で

心配ばかりかけてしまっているから。

だからこそ彼の余生のある間に安心してもらいたい。

ママやお姉ちゃんと共に生きてくれた事を感謝してる。