"私の裁判"

高等裁判所で裁判離婚したその後の人生(女ホームレスから自己破産→人生再生中←今ココ)

夫婦喧嘩とDVの違いくらい知っておこうよね

www.nikkei.com


初めて聴き観た名前の48歳男性。

10代の妻を殴り逮捕。(東京都港区高輪署)


「夫婦喧嘩」と、「DV」の違い。

この人のブログを読んであげたが、

100%理解していないと思った。


この人がこれまでどんな人生だったのか、

今、どんな暮らしなのか、そんな事はこの報道が無かったら

名前すら知らなかった人が大勢いるだろう。



警察は、

初めての夫婦喧嘩で逮捕には至らない。

この人がこれまでの経緯や、妻がどれ程の恐怖を味わったのか

今後の事を考えたであろう経緯があっての「逮捕」だったと思う。

被害届を1度出しただけで、警察が逮捕に動いてくれる事は

余程で無ければ無い。

ameblo.jp


「文章」は嘘をつけないものだね。

この人は、文章を書いて、衣食住を得ているのなら、

経済よりも、自分自身の事を書こうよと思った。



幸いなことに、寛容なる妻がすぐに被害届を取り下げてくれたため、わたくしは本日、拘留不要ということで釈放されました


私が妻なら、この文章は暴力よりも怖く感じる。

こんな男性はこれが初めてでは無いと想像出来る。


妻(10代)の言葉にカッとなって左の頬を平手で殴った?


この男性が右利きだとしたら、

殴り慣れているという証拠。

右利きの人が相手の左頬を平手で叩くという事は、

カッとなって咄嗟に簡単に出来る行為では無いのだよね。



「マスコミの連中にこれだけ言ってやる! くそくらえ!」
 と、中指を立てて追い払いました。

 

この人は、マスコミ(新聞、雑誌、TV、ラジオ報道の全て)のおかげで

自身の衣食住を賄えているって事を全く理解していない事がこの幼稚な行動でも読み取れる。



警察署から出てきたこの男性の薄気味悪い笑いの顔は、

見ず知らずの私ですら、怖いと感じた。

妻の立場であれば、相当な恐怖だったのだと思う。

警察へ電話をするという行為は、

逃げるよりも恐ろしい。




いずれに致しましても、ご迷惑をおかけした皆さまに、改めて心からお詫び申し上げます。
今後は、世界に自慢できるような幸福な家庭を築くべく努力して参りますので、ご指導、ご鞭撻のほど何卒よろしくお願いいたします。



誰に迷惑をかけたのか?

何故、この人は逮捕されても理解していないのか?

それは、暴力ではなく、

ただの夫婦喧嘩だとこの人だけが思い込んでいるからだ。


夫婦喧嘩で警察は動かないという事を

経済評論家さんは、ご存知じゃないのだろうか?!



報道関係の人間も、

寝る時間もまともに無い程のスケジュールの中で、

ただの夫婦喧嘩で警察に行った行かない、逮捕された、釈放された 

そんな内容で、動かない。



この人は、48歳になるまでどんな人生だったのだろうね?

同年代の女性から見れば、まるで幼稚。

そして、不気味以外の何も言葉は思い浮かばない。



10代の妻という女性。

DVは1度出来る人は、いつまた内なる爆弾を出してくるか?

「どのような理由があろうと暴力をふるった自分が悪かった」

「二度としない」

この言葉を信じて又、同じ男性との生活で泣き寝入っている女性が

この世の中には大勢いる事をどうか忘れないで欲しい。



自分の人生は1度切り。

自分の失敗、反省する事についてはやり直せても、

48歳になる相手を変える事は、まず時間の無駄。


私個人的には、こんな男性が近所で暮らしているのかと思うだけで、

吐き気がする。



こういうタイプの男性は、

自分がされた事を根に持つだろう。

しばらくは、おとなしくしていても

いつまた自分の思い通りの言葉を発しなかった妻に

手や足が出るか?

考えただけで、ぞっとする。


マスコミに対して、

中指を立ててクソ食らえと言ってやった。

気持ち良かった???



大丈夫ですか?!

自分に自信のある人は、カッとなったりしない。

中指を立てる習慣は、日本人同士には無い。


自分がした事についての反省よりも、

妻の言った言葉や、マスコミへの怒りの執着が文章に

あからさまに出ているこんな人に、同情は無用。


DV被害の経験のある私のような女性は、

こういう人のニュースを観ただけで、

吐き気がする。

無関係なのに、自分の家の玄関の鍵を再度確認しに行く程、怖くなる。


「裏社会」という言葉の中身には、

色々な意味を含んでいるとこういう時、いつも感じる。